情報処理学会ホームに戻る

最終更新日:2009.4.17

第17回バイオ情報学研究発表会

 

★重要なお知らせ★

標記の研究発表会はペーパレスで行います。
(従来通りの研究報告の配布は行いません)

 本会は,論文誌(ジャーナル・トランザクション)について,平成20年度(平成20年4月)から紙媒体での出版を廃止し,オンライン出版とすることといたしました。さらに平成21年度(2009年度)には研究会刊行物(研究報告)も全面オンライン化し,平成22年度(2010年度)の本会創立50周年までには,論文誌と研究会刊行物の全てを購読可能とする「総合デジタルライブラリ」制度の導入を予定しています。

 標記研究発表会はペーパレスでの開催となります。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 平成21年度のオンライン化についての詳細は こちら をご覧ください。


BIO研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】にBookParkで当研究発表会の資料を公開します。
これに伴い公知日は5月19日(火)となりますのでご注意ください。
当日は資料をプリントアウトしてご持参いただくか,ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください。

本会電子図書館(BookPark)上の ユーザ登録(無料)が必要です。
  * 研究会 バイオ情報学 をチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。

BIO研究会にご登録のない方

当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします。
当日はネットワークにアクセスできるPCをご持参ください。

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めてすべてBookParkでご購読いただけます。是非この機会に登録をご検討ください。
登録に関しては こちらをご参照ください。

○研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります。
  入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください。
  お振込が済みましたらkeiri"at"ipsj.or.jpまでご連絡いただき,BookPark閲覧希望の旨お伝えください。
○上記お手続きが済みましたら本会電子図書館(BookPark)上のユーザ登録(無料)をしてください。
  * 研究会 バイオ情報学 をチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。


発 表 募 集

*************************************************
 情報処理学会 第17回バイオ情報学研究会のご案内
*************************************************
・日時:2009年5月25日(月)〜26日(火)
・会場:OIST Seaside House(〒904-0411 沖縄県国頭郡恩納村字恩納7542)


5月25日(月) 午前 
●一般講演[1] (10:30〜12:30) 
※(1)〜(6)は、電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会(NC研)の発表となります。
(1)10:30 - 11:00
VHDLによる3層階層型ニューラルネットのFPGA実装 〜 パターン認識デバイスの設計 〜
○長尾忠俊,水上郁太朗,本田達矢,藤田智大,松尾和典,本木 実,大山英典(熊本電波高専),山本博康(テクノデザイン)

(2) 11:00 - 11:30
複素ニューラルネットワークの利点とその源
○廣瀬 明(東大)

(3) 11:30 - 12:00
自己組織モデルのための神経場における局在振動の研究
○宮田龍太(琉球大),伊達 章(宮崎大),倉田耕治(琉球大)

(4) 12:00 - 12:30
感覚情報の能動的低次元化による強化学習
○小林幹浩(奈良先端),内部英治,銅谷賢治(OIST)

5月25日(月) 午後
●機械学習によるバイオデータマインニング (14:30〜15:30)
(5) 14:30 - 15:00
藤森法を用いた脳波自動解析システムの精度向上の一検討
○綱島史顕,相川直幸(東理大),緒方茂樹(琉大)

(6) 15:00 - 15:30
最近傍多変量検定を用いたアレイCGHのゲノム異常領域同定に関する一考察
○石川勇太,竹内一郎(名工大)


●招待講演(NC研との連催)
(7) 16:00〜17:00
Colossal ultraconservation and super-colossal ultraconservation
○Jonathan Miller(OIST)

※18:00頃よりNC研との合同による懇親会を開催予定です。  
詳細は  http://www.nc.irp.oist.jp/nc-bio2009/  をご参照ください。

 

5月26日(火) 午前
●企画『機械学習によるバイオデータマインニング』(10:30〜12:00)
(8) 10:30-11:00
Base-pairing profile local alignment kernels for functional RNA analyses
○佐藤健吾(JBIC/CBRC/慶大),齋藤 裕,榊原康文(慶大)


(9) 11:00-11:30
大規模ネットワーク構造の混合分布モデルに基づくリンク予測
蜷川 陽,○江口浩二(神戸大)


(10) 11:30-12:00
ブースティングによる薬物クリアランス経路予測
○池田和史,年本広太(東工大),草間真紀子,前田和哉,杉山雄一(東大),秋山 泰(東工大)


−−− 昼食休憩 (90分) −−−


5月26日(火) 午後(13:30〜17:15)※1件追加となりました。
●一般講演[2]
(11) 13:30-14:00
物理化学的相互作用の導入による網羅的タンパク質間相互作用予測システムの高精度化
○大上雅史,松崎裕介,松崎由理(東工大),佐藤智之(みずほ情報総研),秋山 泰(東工大)


(12) 14:00-14:30
パイロシーケンシング法で決定されたDNA配列の読み取り誤差の訂正
○並木洋平,秋山 泰(東工大)


(13) 14:30-15:00
Prediction of RNA secondary structures with binding sites using dynamic programming algorithm
○プンサップ・アンヤーニー,加藤有己,阿久津達也(京大)


−−− 休憩 (15分) −−−


(14) 15:15-15:45
スペクトル法によるタンパク質相互作用ネットワークのモジュール分解
○井上健太郎(九工大),Weijiang Li(Southern Yangtze Univ.),倉田博之(九工大)


(15) 15:45-16:15
概日リズムのインターロックフィードバックのロバストネス解析
○前田和勲,倉田博之(九工大)


(16) 16:15-16:45
線条体における入力タイミングに依存するカルシウム応答モデル
○中野 高志(NAIST/OIST),吉本潤一郎(OIST/NAIST),Jeff Wickens(OIST),銅谷賢治(OIST/NAIST)


(17) 16:45-17:15
タンパク質の新規サブドメインの提案
○佐々木彰吾,山村雅幸(東工大)


*****************************************************************************

・ホームページ
 下記ホームページから今回の研究会に関するより詳細な情報が入手できます。
 http://www.nc.irp.oist.jp/nc-bio2009/

・ペーパーレス化に関するお知らせ
 本研究会では,研究発表会のペーパレス化を試行しております。
 詳細は以下のホームページをご参照ください。
 http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/bio/index.html

・その他
 宿泊は各自ご用意ください。
 (上記ホームページにて,OIST宿泊施設および近隣ホテルを紹介しておりますので,
  ご参照ください。)

・お問合せ先
 沖縄科学技術研究基盤整備機構 吉本潤一郎
 E-mail: sig-bio2009[AT]oist.jp
※[AT]は@に直してください。 ・今後のバイオ情報学研究会の予定  下記の研究会ホームページよりご確認ください。  http://www.ipsj.or.jp/katsudou/sig/sighp/bio/index.html