情報処理学会ホームに戻る
最終更新日:2008年12月16日

第110回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究発表会

 

★研究報告オンライン化試行について★

 本会は、論文誌(ジャーナル・トランザクション)について、平成20年度(平成20年4月)から紙媒体での出版を廃止し、オンライン出版とすることといたしました。さらに平成21年度(2009年度)には研究会刊行物(研究報告)も全面オンライン化し、平成22年度(2010年度)の本会創立50周年までには、論文誌と研究会刊行物の全てを購読可能とする「総合デジタルライブラリ」制度の導入を予定しています。

 上記実現のため、標記研究発表会は、資料閲覧用サイトも公開し、冊子体 の研究報告とオンライン版研究報告を併用して行いたいと思います。


システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】にBookParkで当研究発表会の資料を公開します。
これに伴い公知日は1月21日(水)となりますのでご注意ください。
可能な方は、ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください。 冊子体の研究報告もお渡しします。

本会電子図書館(BookPark)上の ユーザ登録(無料)が必要です。
  * 研究会 システムソフトウェアとオペレーティング・システムをチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。

参加されていない研究会登録会員の方へは通常通り冊子体の研究報告を翌月別途郵送します。


システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会にご登録のない方

当日受付で当研究発表会の資料閲覧用のパスワードをお渡しいたします。
今回は会場のメディアセンターホールではインターネット接続が提供されません が、隣室に設置されたPCから閲覧していただくことができます。冊子体の研究報告もお渡しします。

尚、当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めてすべてBookParkでご購読いただけます。是非この機会に登録をご検討ください。
登録に関しては こちらをご参照ください。

○研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります。
  入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください。
  お振込が済みましたらkeiri"at"ipsj.or.jpまでご連絡いただき、BookPark閲覧希望の旨お伝えください。
○上記お手続きが済みましたら本会電子図書館(BookPark)上のユーザ登録(無料)をしてください。
  * 研究会 システムソフトウェアとオペレーティング・システムをチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。


プ ロ グ ラ ム

日  時 : 2009年1月28日(水)〜29日(木)
場  所 : 蒲郡情報ネットワークセンター メディアホール
        http://www.nrc.gamagori.aichi.jp/nrc/

1月28日(水)

[13:30-14:30]●招待講演

(1) 実ネットワーク環境におけるシステムソフトウェア研究
   廣津登志夫(豊橋技科大)

[14:50-15:50]●セキュリティ

(2) システムコールとライブラリ関数の監視による侵入防止システムの実現
    ○槙本裕司,鶴田浩史,齋藤彰一(名工大),上原哲太郎(京大),松尾啓志(名工大)

(3) 異なる計算機間で正常動作情報を共有する異常検知システム
    ○大田原渉,大山恵弘(電通大)

[16:10-17:40]●仮想化

(4) サーバ仮想化技術による障害再現システムの提案
    ○樋口 毅,國分俊介,近江雅紀,片山吉章(三菱電機)

(5) 共通指標を用いた仮想マシンの性能見積もり方式の提案とその評価
    ○柳沢 満,竹村俊徳(NEC)

(6) 仮想マシンモニタ"Bitvisor"とI/O仮想化技術
    ○保理江高志,榮樂英樹,品川高廣,加藤和彦(筑波大)

1月29日(木)

[10:00-12:30]●ストレージ

(7) LB-CAS(Loopback-Content Addressable Storage)を用いたOS起動時のアクセス解析
    ○八木豊志樹,須崎有康(産総研)

(8) オンラインストレージと仮想マシンを利用した広域分散バックアップシステム
    ○木村 将,大山恵弘(電通大)

(9) BLuRGER: Balancing Load using Request Graphs Early
    ○Honsali Khalil,齋藤彰一,津邑公暁,松尾啓志(名工大)

[13:30-15:00]●シンクライアントとネットワーク

(10) DAVfsとAufsを用いた組込みLinuxによるシンクライアントシステムの試作
    ○竹川知孝,並木美太郎(東京農工大)

(11)IM-VIS: 情報統合化機能を用いたネットワーク状態可視化システムの提案
    ○明石 修,寺内 敦(NTT未来ねっと研),福田健介(NII)

(12)効果的なデータ拡散に向けたオーバレイトポロジの比較
    ○齋藤義文,阿部洋丈,梅村恭司(豊橋技科大)

[15:20-16:50]●カーネル

(13)マイクロカーネル方式による Cell/B.E. 向け OS 構成法の提案と MINIX 3 による実現
    ○野尻祐亮,並木美太郎(東京農工大)

(14)プログラムの走行モードを考慮した実行速度調整
    ○境 講一,田端利宏,谷口秀夫(岡山大),箱守 聰(NTTデータ)

(15)GPU グリッドにおいて描画および科学計算を並行処理するための制御手法
    ○荻田章博,伊野文彦,萩原兼一(阪大)

 


論文募集 → ※募集は締め切りました

 情報処理学会システムソフトウェアとオペレーティング・システム(OS)研究会主催,定例の研究会を下記の要領で開催致します.例年,この時期の研究会は西日本地区で開催されており,システムソフトウェア全般に関する先進的・萌芽的な研究の発表と活発な議論が交されています.情報システムやネットワー ク環境は,既に社会的インフラとして広まっており,その情報インフラを支える基盤としてのシステムソフトウェア技術の重要性は今後ますます高まっていきます.是非,本研究会での発表を御検討下さい.

 なお,主なトピックは以下の通りですが,システムソフトウェアやオペレーティング・システムに関する内容でしたらこれに限りません.

 オペレーティングシステム,ユビキタスシステム,情報家電のための基盤技術,組込みシステム,Peer-to-Peer技術,セキュアコンピューティング,インターネット基盤技術,モバイルコンピューティング,ディペンダブルシステム,クラスタシステム,グリッド技術,実時間システム,マルチメディアシステム

主  催 : 情報処理学会 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会

日  時 : 2009年1月28日(水)〜29日(木)
場  所 : 蒲郡情報ネットワークセンター メディアホール
        http://www.nrc.gamagori.aichi.jp/nrc/

重要日程 : 発表申込締切:2008年12月5日(金)
         論文原稿締切:2009年 1月5日(月)

ページ数 : 6〜8ページ(情報処理学会の研究会フォーマット)

テ ー マ : システムソフトウェア一般

申込方法 : 以下のWebページからお申し込みください.
         http://www.ds.ics.tut.ac.jp/ipsj/sigos110/submit/

照 会 先 : 品川 高廣 (筑波大学)
         Email: ipsj-sigos110 @ ds.ics.tut.ac.jp (カット&ペーストできません)
         URL: http://www.ipsj.or.jp/sig/os/