情報処理学会ホームに戻る

最終更新日:2009年2月17日

第21回ゲーム情報学研究発表会

 

----------------------------------------------------
情報処理学会 第21回ゲーム情報学研究会 発表募集
----------------------------------------------------

◎ 日程 :平成21年3月9日(月)
◎ 会場 :大阪商業大学 4号館3階 432教室
 〒577-8505 大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
http://ouc.daishodai.ac.jp/ 
主査:飯田弘之 幹事:橋本 剛 岸本章宏 金子知適

------------------------------------------------------------------------
【プログラム】
[ 9:20−10:35] 大会報告(3件)
[10:45−12:00] 囲碁(3件)
[13:00−13:50] 招待講演
[14:00−15:15] 学習1(3件)
[15:25−16:40] 学習2, 並列探索(3件)
[16:50−18:30] 各種ゲーム(4件)
※1件キャンセルの為 時間が変更となりました。
------------------------------------------------------------------------
● 9:20−10:35 大会報告
(1)第2回UEC杯5五将棋大会報告 (2008年12月)
○ 伊藤毅志(電気通信大)

(2)第二回UEC杯コンピュータ囲碁大会報告
○村松正和,伊藤毅志 (電気通信大)

(3) 第3回 UEC コンピュータ大貧民大会(UECda-2008)の報告
○大久保誠也 (静岡県立大学),本多武尊,眞鍋秀聡,飯塚拓郎,Khan Md. Mahfuzus Salam,
常田宏和,儀間武晃,鈴木智也,田中愛実,松野香菜子,若月光夫,西野哲朗 (電気通信大)

[10:35 - 10:45 休憩]

●10:45−12:00 囲碁
(4)プロプロ9路盤囲碁の序盤の変化(その1)
○鎌田真人 (岩手県立大)

(5) 囲碁における勾配法を用いた確率関数の学習
○松井利樹,野口陽来,土井佑紀,橋本 剛 (北陸先端大)

(6) 石の働きと盤の効果
○矢島敏雄 (スタジオXY)

[12:00 - 13:00 昼食休憩]

●13:00−13:50 招待講演
(7)数学および美的センスを同時に磨くゲーム的情報教育の方法論
○谷岡一郎(大阪商業大)

[13:50 - 14:00 休憩]

●14:00−15:15 学習1
(8)αβ探索における探索順序の自動学習
○ 小幡拓弥,伊藤 毅(電気通信大)

(9) Keepawayタスクにおけるマルチエージェントの協調行動の学習
○ 伊佐野勝人(東工大),秋山英久(産総研),片上大輔,新田克己(東工大)

(10) GAとTD(λ)学習の組み合わせによるゲーム局面評価パラメータの調整
○ 矢野友貴,柴田剛志,横山大作,田浦健次朗,近山 隆(東大)

[15:15 - 15:25 休憩]

●15:25−16:40 学習2, 並列探索
(11)先読みを教師とした兄弟局面の比較に基づく評価関数の学習
○築地 毅,柴原一友,但馬康宏,小谷善行 (東京農工大)

(12)評価関数の強化学習における学習高速化手法
○但馬康宏,小谷善行(東京農工大)

(13)並列局面探索における待ち行列の負荷分散
○ 柳圭二郎,柴原一友,但馬康宏,小谷善行(東京農工大)

[16:40 - 16:50 休憩]

●16:50−18:30 各種ゲーム  ※1件キャンセルのため、時間と発表番号が変わります。

(14)4×4ナンバープレースの問題の複雑さの解析の一考察
○芳賀将至,佐藤貴之(仙台電波工業高等専門学校)

(14)コントラクトブリッジの実践的教授法の研究
○清水映樹,滝沢武信(早大)

(15)ダーツ01ゲーム最適戦略
○西谷崇志,原 慎平,井上真郷(早大)

(16)最適解を求める2つの探索アルゴリズムのスーパーパズにおける性能比較について
○鈴木裕俊,岸本章宏(はこだて未来大)

(17)スキルトロニクスゲーム
◯西野順二(電気通信大)


------------------------------------------------------------------------
★研究報告オンライン化試行について★
  本会は,論文誌(ジャーナル・トランザクション)について,平成20年度(平成20年4月)
  から紙媒体での出版を廃止し, オンライン出版とすることといたしました。
  さらに平成21年度(2009年度)には研究会刊行物(研究報告)も全面オンライン化し,
  平成22年度(2010年度)の本会創立50周年までには,論文誌と研究会刊行物の全てを購読可能とする
  「総合デジタルライブラリ」制度の導入を予定しています。

  上記実現のため,標記研究発表会は,資料閲覧用サイトも公開し,冊子体 の研究報告とオンライン版研究報告を併用して行いたいと思います。
  今回の会場ではインターネット接続が提供されません。使用できる電源も少ないため,なるべく
  バッテリの長く持つノートPCをお持ち下さいますようご協力をお願いいたします。
 
平成21年度のオンライン化についての詳細はこちらをご覧ください。
http://www.ipsj.or.jp/03somu/kinen_jigyo/50anv/d-library/dl-sig.html

ゲーム情報学研究会にご登録されている方

研究発表会の【一週間前】にBookParkで当研究発表会の資料を公開します。
これに伴い公知日は3月2日(月)となりますのでご注意ください。
可能な方は,ご自身のPCにダウンロードの上PCをご持参ください。 冊子体の研究報告もお渡しします。

本会電子図書館(BookPark)上の ユーザ登録(無料)が必要です。
  * 研究会 ゲーム情報学をチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。

参加されていない研究会登録会員の方へは通常通り冊子体の研究報告を翌月別途郵送します。

ゲーム情報学研究会にご登録のない方

今回は会場でのインターネット接続が提供されませんので,当日受付で資料を入れたUSBメモリをお渡しいたします。
冊子体の研究報告もお渡しします。

尚,当研究会にご登録いただくことで当研究会の資料のバックナンバーも含めてすべてBookParkでご購読いただけます。是非この機会に登録をご検討ください。
登録に関しては こちらをご参照ください。

○研究会登録は上記のお申込と登録費をご入金いただいて正式登録となります。
  入金の確認には1週間程度お時間をいただきますのでご了承ください。
  お振込が済みましたらkeiri"at"ipsj.or.jpまでご連絡いただき,BookPark閲覧希望の旨お伝えください。
○上記お手続きが済みましたら本会電子図書館(BookPark)上のユーザ登録(無料)をしてください。
  * 研究会 ゲーム情報学をチェックしてください。
  * 登録まで最大3日かかりますのでご留意ください。