情報処理学会ホームに戻る
最終更新日:2009.5.7

先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 2009
Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures

 

------------------------------------------------------------------------

第7回先進的計算基盤システムシンポジウム SACSIS 2009
7th Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures
http://www.hpcc.jp/sacsis/2009/
2009年5月28日(木)〜29日(金)
広島国際会議場
(広島市中区中島町一番五号)

------------------------------------------------------------------------

 SACSIS(Symposium on Advanced Computing Systems and Infrastructures)は 2003 年に誕生したシンポジウムです。その第7回は広島にて 2009年5月28日(木)〜29日(金)に開催いたします。スコープは SACSIS2003 からの流れを引き継ぎ、以下のように考えています。

Advanced Computing:
  SACSIS は今後の計算技術の発展を、さまざまな角度から議論することを目的としています。単体・並列・分散等の処理形態に囚われず、広い意味で先進的な計算のためのシステムや基盤とそれらの要素技術を対象とします。

Systems and Infrastructures:
  性能などの「有効性」が重視される「システム」に関する技術だけではなく、幅広い利用を目指して「実用性」を重視した「基盤」に関する技術も対象とします。

SACSIS2009では、「先進的計算システム」「先進的計算システムを支える基盤技術」「実用的基盤システム」に関連するオリジナリティ溢れる発表や、実装・開発事例等を含め有用性の高い発表、実用性を重視した基盤に関する発表が行われます。

一般講演38件およびポスター発表42件の他、以下の企画を設けております。

  • 1日目09:30から招待講演として、IBM の Don Grice 氏による「The Roadrunner Project and the Importance of Energy Efficiency on the Road to Exascale Computing」を企画しました。 
  • 1日目および2日目に、以下のチュートリアルを企画しました。
    ・チュートリアル1
     5/28(木) 14:00-15:30:
     インテル株式会社 ソフトウェア & サービス統括部 ソフトウェア技術部 シニア・ソフトウェア・エンジニア
     菅原 清文 氏
     「並列コンピューティングを支える開発ツール群とテクノロジー」
    ・チュートリアル2
     5/29(金) 14:00-15:30:
     産総研 情報技術研究部門 インフラウェア研究グループ 研究員
     高野 了成 氏
     「HPCユーザが知っておきたいTCP/IPの話 〜クラスタ・グリッド環境の落とし穴〜」
  • SACSISに関連する技術を持つ11の組織・企業の方々による、技術や商品の展示を企画しました。
    ・株式会社インタフェース
    ・住商情報システム株式会社
    ・株式会社ベストシステムズ
    ・株式会社エルザジャパン
    ・株式会社マックスサーブ
    ・プラットフォームコンピューティング株式会社
    ・HPCシステムズ株式会社
    ・富士通株式会社
    ・国立情報学研究所
    ・マイクロソフト株式会社
    ・日本AMD株式会社
  • 1日目16:00からSACSIS 2009併設企画であるCell Challenge 2009のセッションを企画しました。
  • 1日目に最優秀論文賞1件、優秀若手研究賞4件の表彰をおこないます。優秀若手研究賞を受賞した若手研究者には、IEEE Computer Society Japan Chapterからも同時に表彰がおこなわれ、副賞が贈られます。
  • 1日目にCell Challenge 2009およびClusterコンテストの受賞者表彰をおこないます。
  • ポスター発表を対象に、Most Interesting Poster賞(MIP賞)を1件選び、2日目に表彰をおこないます。

研究者、技術者、SE、そしてユーザの皆様など、幅広い皆様の御参加をお待ちしております。


◆日程 
: 2009年5月28日(木)〜29日(金)
◆会場 
: 広島国際会議場(広島市中区中島町一番五号)


◆主催(順不同)

  情報処理学会・計算機アーキテクチャ研究会(ARC)
  同・システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会(OS)
  同・ハイパフォーマンスコンピューティング研究会(HPC)
  同・プログラミング研究会(PRO)
  電子情報通信学会・コンピュータシステム研究専門委員会(CPSY)
  同・ディペンダブルコンピューティング研究専門委員会(DC)
  同・リコンフィギャラブルシステム研究専門委員会(RECONF)
  IEEE Computer Society Japan Chapter
 協賛
  情報処理学会・組込みシステム研究会(EMB)

 

◆参加費(税込/論文集代込み、懇親会へは無料でご参加いただけます)

 
5月1日(金)までに申込
当日受付にて申込
主催研究会登録会員 (共催・協賛の研究会登録会員含む)
30,000円
40,000円
主催学会員(共催学会員含む)
40,000円
50,000円
学生会員
15,000円
25,000円
非会員
50,000円
60,000円

論文集のみ
 5,000円(税込/送料込)

※非会員の学生の方は、非会員として参加いただくことになります。
※WEB申込時に情報処理学会入会手続き中の場合は、会員番号欄に「入会手続き中」とご記入ください。各学会への入会手続きは、以下の URL から参照可能です。
   情報処理学会: http://www.ipsj.or.jp/06mem/nyukai/nyukai.html
   電子情報通信学会: http://www.ieice.org/jpn/nyukai/
   IEEE CS: http://www.computer.org/portal/site/ieeecs/

また、SACSIS の当日参加受付においても、情報処理学会への同時入会手続き が可能となっています。


早期Web申込締切  2009年5月1日(金)まで 
→ 事前申込は締切ました。


◆申込方法:
学会Webページの参加申込書にてお申込みください。→ 事前申込は締切ました。

  • お支払方法で郵便振替を選択された場合は郵便振替用紙を、請求書を希望された場合は請求書をお送りします。お手元に届きましたらお手続きください(振込期限6月末)。
  • 参加費の当日現金払いも受け付けますが、なるべく振込でのお支払いにご協力ください。
  • 当日受付もいたしますが、論文集が不足した場合は事前申し込み優先とさせていただきますのでご了承ください。
  • 参加申込後、やむを得ず参加を取り消される場合は、5月1日(金)までにご連絡ください。
    取り消しの連絡のない場合は、準備の都合上、参加費を徴収させていただきます。
  • ポスター発表の方も参加登録が必要です。

    <論文集のみの申込方法>
    以下の内容を、研究部門宛にE-mail(sig"at"ipsj.or.jp)か、FAX:(03)3518-8375にてお送り下さい。 発送はシンポジウム終了後となります。請求書を同封してお送りしますので、到着しましたらお手続きください。
      [氏名 、勤務先、送付先住所(勤務先 / 自宅)、郵便番号、住所、Tel 、Fax、E-mail、
       論文集のみ :  冊、請求書 :  通、 見積書 :  通、 納品書 :  通、請求書記載名義]


◆参加費の領収証について

○当日現金支払いの方には当日お渡しします。
○お振込の方は希望者にのみ送付します。以下の情報をE-mailにてご連絡ください。
  ご入金が確認できましたら領収証を郵送させていただきます。
   ◇E-mail送信先:sig"at"ipsj.or.jp ("at"は@に置き換えて下さい)
      ・振込日
      ・振込先(三菱東京UFJ銀行/みずほ銀行/郵便振替)
      ・振込名義
      ・領収証の宛名


◆申込/照会先:


調査研究 研究部門  E-mail:sig "at" ipsj.or.jp
TEL:(03)3518-8372 / FAX:(03)3518-8375

※その他詳細はシンポジウムWebページをご覧下さい。

 

** SACSIS2009 プログラム **

**セッション構成**

日程
時間
A会場
ヒマワリ
B会場
コスモス
展示会場
ダリア
5/28
(木)
09:15-09:30
開会の辞
最優秀論文賞・優秀若手研究賞表彰 (IEEE CS Japan Chapter 優秀若手研究賞)
-
-
09:30-11:00
招待講演
(座長:佐藤真琴(日立))
Don Grice
「The Roadrunner Project and the Importance of Energy Efficiency on the Road to Exascale Computing.」
-
-
11:00-11:30
休憩
企業・団体展示
ポスター展示
11:30-12:30
省電力コンパイラ
[A1-1] 一般講演(2件)
ネットワークオンチップ
[B1-1] 一般講演(2件)
12:30-14:00
昼食
14:00-15:30
分散計算プラットホーム
[A1-2] 一般講演(3件)
[B1-2]チュートリアル 1
「並列コンピューティングを支える開発ツール群とテクノロジー」
菅原清文(インテル)
(座長:佐藤三久(筑波大))
15:30-16:00
休憩
16:00-18:00
Cell Challenge 2009
[A1-3] 企画
大規模ネットワーク
[B1-3] 一般講演(4件)
18:15-20:30
-
-
懇親会
企業・団体展示
ポスター展示
Cell Challenge 2009,Cluster
コンテスト表彰

日程
時間
A会場
ヒマワリ
B会場
コスモス
C会場
ラン
展示会場
ダリア
5/29
(金)
9:30-10:30
セキュリティ基盤
[A2-1] 一般講演(2件)
メニーコア技術
[B2-1] 一般講演(2件)
シミュレーション
[C2-1] 一般講演(2件)
企業・団体展示
ポスター展示
10:30-11:00
休憩
11:00-12:30
ストレージ
[A2-2] 一般講演(3件)
並列システム評価
[B2-2] 一般講演(3件)
専用アーキテクチャ
[C2-2] 一般講演(3件)
12:30-14:00
昼食
14:00-15:30
マイクロアーキテクチャ
[A2-3] 一般講演(3件)
[B2-3]チュートリアル2
「HPCユーザが知っておきたいTCP/IPの話 〜クラスタ・グリッド環境の落とし穴〜」
高野了成(産総研)
(座長:石川裕(東大))
-
15:30-16:00
休憩
16:00-17:30
GPGPU
[A2-4] 一般講演(3件)
キャッシュ
[B2-4] 一般講演(3件)
スケジューリング
[C2-4] 一般講演(3件)
-
17:30-
閉会の辞
Most Interesting Poster 賞表彰
-
-
-



─第1日目 5月28日(木)─

○開会の辞,最優秀論文賞・優秀若手研究賞表彰(IEEE CS Japan Chapter 優秀若手研究賞)(9:15〜9:30,A会場ヒマワリ)

●招待講演(9:30〜11:00,A会場ヒマワリ)    座長:佐藤真琴(日立)
(1) The Roadrunner Project and the Importance of Energy Efficiency on the Road to Exascale Computing
   Don Grice(IBM)

●[A1-1] 省電力コンパイラ(11:30〜12:30,A会場ヒマワリ)   座長:井上弘士(九大)
(2) マルチコア上でのOSCAR APIを用いた並列化コンパイラによる低消費電力化手法
   中川 亮,間瀬正啓,白子 準,木村啓二,笠原博徳(早大)
(3) リーク電力削減のためのコンパイラによる細粒度スリープ制御
   薦田登志矢,佐々木広(東大),近藤正章(電通大),中村 宏(東大)

●[B1-1] ネットワークオンチップ(11:30〜12:30,B会場コスモス)   座長:塙 敏博(筑波大)
(4) パイプラインステージ統合による省電力・可変パイプラインルータに関する研究
   枚田優人,松谷宏紀(慶大),鯉渕道紘(NII),天野英晴(慶大)
(5) メニーコアプロセッサのオンチップネットワーク性能を向上させるSmartCoreシステム
   佐藤真平,植原 昂,吉瀬謙二(東工大)

●[A1-2] 分散計算プラットホーム(14:00〜15:30,A会場ヒマワリ)    座長:首藤一幸(東工大)
(6) 発音解析のための大規模可視化情報プラットフォーム
   野崎一徳,伊達 進,中川真志,馬場健一(阪大),下條真司(NICT)
(7) Tsukuba-GAMA: e-サイエンス基盤のためのユーザ管理システムの設計と実装
   山本直孝,田中良夫,小島 功,関口智嗣(産総研)
(8) 仮想マシンと連携したWebブラウザによるプログラム実行環境
   荒木拓也(NEC)

●[B1-2]チュートリアル 1(14:00〜15:30,B会場コスモス)   座長:佐藤三久(筑波大)
  ・並列コンピューティングを支える開発ツール群とテクノロジー
   菅原 清文(インテル)

●[A1-3]Cell Challenge 2009 (16:00〜18:00,A会場ヒマワリ)  座長:中田 尚(奈良先端大),津邑公暁(名工大)
  ・Cellチャレンジ2009について:中田 尚(奈良先端大)
  ・GPUチャレンジ2009について:遠藤敏夫(東工大)
  ・規定課題部門3位 成果報告:里城晴紀(東工大)
  ・規定課題部門2位 成果報告:須藤郁弥(東北大)
  ・規定課題部門1位 成果報告:桜庭 俊(東大)
  ・自由課題部門3位 成果報告:中村哲平(千葉大)
  ・自由課題部門2位 成果報告:今村俊幸(電通大)
  ・自由課題部門1位 成果報告:遠藤 翔(仙台電波高専)
  ・ひびきの賞 成果報告:田原慎也(東工大)
  ・ひびきの賞 成果報告:奥田遼介(一関高専)

●[B1-3]大規模ネットワーク(16:00〜18:00,B会場コスモス)   座長:丸山直也(東工大)
(9) トポロジ情報を用いた効率的かつ漸近安定な大容量ブロードキャスト
   柴田剛志,田浦健次朗(東大)
(10)メッセージ衝突を防止する適応的な収集操作アルゴリズム
   吉富翔太,弘中 健,田浦健次朗(東大)
(11)構造化オーバレイでの一括フォワーディング
   首藤一幸(東工大)
(12)A Quantitative Evaluation Methodology of Interconnection Networks
   横田隆史,大津金光,馬場敬信(宇都宮大)

●ポスター・企業・団体展示・懇親会(18:15〜20:30,展示会場ダリア)
 ポスター発表一覧

・Cellチャレンジ2009セクション
 1.Cellプロセッサを用いた編集距離計算の高速化(Cellチャレンジ2009規定課題部門1位)
   桜庭 俊(東大),吉田悠一(京大)
 2.Cell BEを用いた文字列の編集距離計算の高速化(Cellチャレンジ2009規定課題部門2位)
   須藤郁弥,篠原 歩(東北大)
 3.Cell/B.E.におけるSIMD論理関数を利用した編集距離計算の実装法(Cellチャレンジ2009規定課題部門3位)
   里城晴紀,吉瀬謙二,小長谷明彦(東工大)
 4.Cellプロセッサにおける時空間パイプラインによるFDTD法の高速化(Cellチャレンジ2009自由課題部門1位)
   遠藤 翔,園田 潤(仙台電波高専)
 5.Cell/B.E.による倍精度粒子法の高速化(Cellチャレンジ2009自由課題部門2位)
   赤木正慶,今村俊幸(電通大)
 6.Cell Broadband Engineを用いた輪郭抽出処理の高速化(Cellチャレンジ2009自由課題部門3位)
   中村哲平,荒井大輔,上原寛樹,伊藤智義,増田信之(千葉大)

・GPUチャレンジ2009セクション
 1.CUDAによる編集距離計算の高速化(GPUチャレンジ2009規定課題部門1位)
   富山 歩(東大)
 2.文字列の編集距離計算におけるGPUを用いた高速化手法の一検討(GPUチャレンジ2009規定課題部門2位)
   土肥慶亮,大屋 智(長崎大)
 3.CUDAによるO(ND)アルゴリズムの並列化(GPUチャレンジ2009規定課題部門3位)
   倉田成己,樋口和英(東大)
 4.GPUによる計算機合成ホログラムのソフトウェア開発(GPUチャレンジ2009自由課題部門1位)
   丹羽雅志(千葉大),白木厚司(木更津高専),荒井大輔,岡田直久,増田信之,伊藤智義(千葉大)

・一般投稿セクション
 1.汎用自動チューニングインタフェースをもつ疎行列反復解法ライブラリ
   片桐孝洋(東大),櫻井隆雄(日立),黒田久泰(愛媛大/東大),直野 健(日立),中島研吾(東大)
 2.バックトラックに基づく負荷分散
   平石 拓,八杉昌宏,馬谷誠二,湯淺太一(京大)
 3.プロセッサ・シミュレータ「鬼斬弐」の設計と実装
   塩谷亮太,五島正裕,坂井修一(東大)
 4.水流シミュレーションのCUDAによる高速化の一提案
   薄田昌広(関西電力),藤本典幸(大阪府立大)
 5.小規模システム向け省電力高性能ディペンダブル通信機構:PEARL
   塙 敏博,朴 泰祐,三浦信一,佐藤三久(筑波大),有本和民(ルネサステクノロジ)
 6.OS資源をコンポーネントとして扱える組込み向けコンポーネントシステム
   安積卓也(名大),大山博司(オークマ),高田広章(名大)
 7.データを社外に預けずに利用可能なSaaSアプリケーション構築方式「データ保護モデル」向けフレームワークの開発
   乾 敦行,小島 剛(日立)
 8.ライブ・ストレージマイグレーション機構の開発とその評価
   広渕崇宏,中田秀基,小川宏高,伊藤 智,関口智嗣(産総研)
 9.Dual Renaming を用いた Control Independence
   孟  林,西川直樹,西岡拓生,小柳 滋(立命館大)
 10.アーキテクチャ研究をサポートする低コストで効率的なVDECチップ試作・検証システムの開発と応用
   若杉祐太,藤枝直輝,吉瀬謙二(東工大)
 11.マルチコア上での格子ボルツマン手法の開発
   宋 応文,田中良夫(AIST),井上洋平,尾形修司,後藤俊幸(名工大),関口智嗣(AIST)
 12.画像処理アプリケーションを用いた再構成型プロセッサHy-DiSCの性能評価
   梅田賢一,西永康弘,谷川一哉,弘中哲夫(広島市立大)
 13.柔軟な部分再構成を実現するメモリベースPLDアーキテクチャの検討
   淺枝昌則,平川直樹,戸口博昭,小田裕太郎,谷川一哉,弘中哲夫(広島市立大),佐藤正幸,石黒 隆(太陽誘電)
 14.確率的計算モデルにおける細粒度並列処理の検討
   藤田 修,神谷孝志(大阪教育大)
 15.CUDAプログラムにおいてストリーム処理を支援するミドルウェアの検討
   中川進太,伊野文彦,萩原兼一(阪大)
 16.メニーコアプロセッサの高速プロトタイピングシステムScalableCore
   高前田伸也,渡邉伸平,吉瀬謙二(東工大)
 17.主記憶バンド幅がプロセッサ性能に与える影響の評価
   江口修平,塩谷亮太,五島正裕,坂井修一(東大)
 18.Market-based Resource Allocation for Distributed Computing
   Fujiwara Ikki(SOKENDAI),Aida Kento(NII),Ono Isao(Tokyo Tech.)
 19.GPUにおける性能と消費電力の相関性の解析
   長坂 仁,丸山直也,額田 彰,遠藤敏夫(東工大),松岡 聡(NII)
 20.広域ファイルシステムにおける分散メタデータサーバの検討
   平賀弘平,建部修見(筑波大)
 21.共有資源の協調制御によるチップマルチプロセッサの低消費電力化
   高木紀子,佐々木広(東大),近藤正章(電通大),中村 宏(東大)
 22.事前予約に基づく計算・ネットワーク資源のコアロケーション手法
   竹房あつ子,中田秀基,工藤知宏,田中良夫(産総研)
 23.ディジットシリアル演算によるレイトレーシング用交差判定器の設計と評価
   吉岡佑記,川本智之,伴 大雅,谷川一哉,弘中哲夫(広島市立大)
 24.GPUにおける耐故障性を考慮した数値計算の電力性能
   島田大地,丸山直也,額田 彰,遠藤敏夫(東工大/JST),松岡 聡(東工大/JST/NII)
 25.カーネル空間を利用した通信端点における侵入検知システム
   松井 卓,前田敦司,渡辺祐介,西 孝王,須賀功太,山口喜教(筑波大)
 26.Typeable Rubyの設計と実装
   渡邉大祐,橋本和典,木山真人,芦原 評(熊本大)
 27.適応的に計算精度を維持する数値計算環境の設計
   大田 優,神田和幸,谷水俊介,川端英之,北村俊明(広島市立大)
 28.並列ファイル転送のためのスケジューリングアルゴリズムの検討
   鈴木克典,建部修見(筑波大)
 29.メモリ積層型3次元ベクトルプロセッサの評価
   船矢祐介,江川隆輔,滝沢寛之,小林広明(東北大)
 30.遠隔メモリページングにおける各ページ固有のスワップ履歴を利用するページ置換アルゴリズム
   斉藤和広,緑川博子,甲斐宗徳(成蹊大)
 31.Blocked Matrix Inversion on PlayStation3
   横山翔大,松本和也(会津大)
 32.ネットワークトポロジを考慮したマルチリンクEthernetの性能最適化
   米元大我,三浦信一,塙 敏博,朴 泰祐,佐藤三久(筑波大)


─第2日目 5月29日(金)─

●[A2-1] セキュリティ基盤(9:30〜10:30,A会場ヒマワリ)   座長:清水正明(日立)
(13)HyperShield: 動作中のOSを安全な仮想マシン上に移行するための仮想マシンモニタ
   野元 励,大山恵弘(電通大)
(14)アプリケーションデータを保護するためのVMMに基づくアーキテクチャ
   尾上浩一(東大),大山恵弘(電通大),米澤明憲(東大)

●[B2-1] メニィコア技術(9:30〜10:30,B会場コスモス)   座長:中條拓伯(農工大)
(15)メニーコアプロセッサのHW/SW研究開発を加速する実用的な基盤環境
   植原 昂,佐藤真平,高前田伸也,渡邉伸平,吉瀬謙二(東工大)
(16)低遅延オンチップネットワークのための予測ルータの評価
   松谷宏紀(慶大),鯉渕道紘(NII),天野英晴(慶大),吉永 努(電通大)

●[C2-1] シミュレーション(9:30〜10:30,C会場ラン)   座長:林亮子(金沢工大)
(17)シミュレーションキャッシングと遠隔インタラクティブ流体シミュレーションへの応用
   橋本健介,手塚俊作,森眞一郎(福井大),富田眞治(京大)
(18)操作の連続性を考慮した投機計算を利用するインタラクティブシミュレータ
   依藤 逸(京大),野田裕介(東京海上日動),粂 直人(京大),中尾 恵(奈良先端大),
   嶋田 創(京大),森眞一郎(福井大),中島 浩,富田眞治(京大)

●[A2-2] ストレージ(11:00〜12:30,A会場ヒマワリ)   座長:盛合 敏(日本電信電話)
(19)高性能クラスタのための高速汎用ステージングソフトウェア
   松葉浩也,堀 敦史,石川 裕(東大)
(20)LoopBack Content Addressable Storageによる仮想ディスクの性能評価
   須崎有康,八木豊志樹,飯島賢吾(産総研),渡辺義人(アルファシステムズ)
(21)テラスケールコンピューティングのための遠隔スワップシステムTeramem
   山本和典,石川 裕(東大)

●[B2-2] 並列システム評価(11:00〜12:30,B会場コスモス)   座長:額田彰(東工大)
(22)大規模SMPクラスタにおけるOpenMP/MPIハイブリッドプログラムの性能評価
   辻美和子(東大),佐藤三久(筑波大)
(23)マルチコアCPU及び小規模マルチコアSMPシステム上での OpenMP並列化によるハウスホルダ三重対角化の性能実験
   村上 弘(首都大学東京)
(24)PCクラスタにおけるVLANイーサネットのトポロジの評価
   廣安知之(同志社大),渡辺崇文,中尾昌広(同志社大),大塚智宏(慶大),鯉渕道紘(NII)

●[C2-2] 専用アーキテクチャ(11:00〜12:30,C会場ラン)   座長:横田隆史(宇都宮大)
(25)画像処理向け線形アレイVLIWプロセッサ
   中田 尚,上利宗久,中島康彦(奈良先端大)
(26)DIMMnetとDMAで主記憶をアクセスするCPUを併用した可視化装置のアーキテクチャ
   田邊 昇(東芝),佐々木愛美(奈良女子大),中條拓伯(農工大),高田雅美,城 和貴(奈良女子大)
(27)辞書圧縮の概念を用いたNIDS向けパターンマッチングアーキテクチャ
   飯星貴裕,山口喜教,前田敦司(筑波大)

●[A2-3] マイクロアーキテクチャ(14:00〜15:30,A会場ヒマワリ)   座長:三輪 忍(農工大)
(28)命令発行キューの深いパイプライン化のための投機発行
   加藤伸幸,安藤秀樹(名大)
(29)パーセプトロン分岐予測器を用いた予測信頼性の動的判定に基づく電力削減
   二ノ宮康之(NEC/電通大),阿部公輝(電通大)
(30)値予測を用いた命令先行実行によるレジスタ・ファイルの縮小
   田中雄介,安藤秀樹(名大)

●[B2-3]チュートリアル 2(14:00〜15:30,B会場コスモス)   座長:石川 裕(東大)
 ・HPCユーザが知っておきたいTCP/IPの話 〜クラスタ・グリッド環境の落とし穴〜
  高野了成(産総研)

●[A2-4] GPGPU (16:00〜17:30,A会場ヒマワリ)   座長:建部修見(筑波大)
(31)CUDA GPU向けの自動最適化FFTライブラリ
   額田 彰(東工大/JST),松岡 聡(東工大/NII/JST)
(32)An Efficient Conjugate Gradient Solver on Double Precision Multi-GPUSystems
   Ali Cevahir,Akira Nukada(Tokyo Institute of Technology),Satoshi Matsuoka(Tokyo Institute of Technology/NII)
(33)ストリーム処理記述言語のGPU向け自動最適化の検討
   佐藤功人,滝沢寛之,小林広明(東北大)

●[B2-4] キャッシュ(16:00〜17:30,B会場コスモス)   座長:豊島隆志(富士通)
(34)部分的試行に基づく動的共有キャッシュ分割方式
   小川周吾,入江英嗣,平木 敬(東大)
(35)SMTプロセッサにおけるL1/L2キャッシュアクセス動的切替方式
   小笠原嘉泰,三輪 忍,中條拓伯(農工大)
(36)マルチコアプロセッサの高速化を目指したキャッシュコアの最適化
   森 洋介,森谷 章,吉瀬謙二(東工大)

●[C2-4] スケジューリング(16:00〜17:30,C会場ラン)   座長:光来健一(九工大)
(37)再始動アルゴリズム:最適性と統計的推定
   岡村寛之,土肥 正(広島大)
(38)固定優先度スケジューリング向け動的電圧周波数制御
   池田雄児,加藤真平,山崎信行(慶大)
(39)性能予測に基づくLinuxスケジューラをノードとするクラスタシステムの省電力化の実現
   金井 遵,並木美太郎(農工大)

○閉会の辞(17:30〜,A会場ヒマワリ)
  Most Interesting Poster 賞表彰

--------

企業・団体展示

企業・団体展示日程:
 5月28日(木) 11:00-18:00 / 18:15-20:30(懇親会)
 5月29日(金) 09:30-16:00

--------

ポスターセッション

ポスター発表日程:
 5月28日(木)18:15-20:30 (懇親会)
ポスター展示日程:
 5月28日(木) 11:00-20:30
 5月29日(金) 09:30-16:00