情報処理学会ホームに戻る
最終更新日:2017年10月15日

「情報処理」Vol.58 No.11アンケート

■貴方について教えてください。 *:必須項目
 
[1]お名前*
[2]ご所属
[3]E-mail*
[4]業種*
[5]職種*
[6]年齢*
[7]性別
[8-1]あなたはモニタですか?
[8-2]あなたのご意見は会誌「情報処理」の「会員の広場」、またはWebページ(読者からの声)に掲載される場合があります。その場合*
[9]どちらの媒体で記事をお読みになりましたか?

■会誌「情報処理」11月号の記事について評価をご記入ください。
[10]今月号の記事は良かったですか? 下記の記事すべてについて評価してください。また、合わせて最も良かった記事と最も良くなかった記事を1つだけチェックしてください。 最も良かった 最も良くなかった
《巻頭コラム》農家と人工知能(小池 誠)
《特集》IoT時代のセーフティとセキュリティ
1.IoTの進展に伴うセーフティとセキュリティのリスクと課題(田口研治)
 
2. 機能安全と制御セキュリティの標準化動向(神余浩夫)
 
3. 自動車分野のセーフティとセキュリティの動向と展望(松原 豊・倉地 亮・高田広章)
4. 社会インフラストラクチャを支える制御システムにおけるセーフティとセキュリティ (金川信康・山田 勉)
5. 政府におけるセーフティとセキュリティの取組み(結城則尚)
6. 重要インフラにおける取組みと展望(後藤厚宏)
《小特集》ACM チューリング賞50周年記念大会
ACM’s Celebration of 50 Years of the A.M. Turing Award(浅井光太郎)
チューリング賞に関して感ずること(喜連川優)
Computer Science as a Major Body of Accumulated Knowledge 知識の集積としての計算機科学(Donald ("Don") Ervin Knuth)
《小特集》プログラミング・エクスペリエンスの新潮流
1.ライブプログラミングによる滑らかなプログラミング体験(Sean McDirmid)
2. スタートアップに見るプログラミング体験の新潮流(馬田隆明)
3. ヒューマンコンピュータインタラクションとしてのプログラミング HCIにおけるプログラミング研究の過去,現在,そして未来(鈴木 遼)
4. 家電とおうちのプログラミング(湯村 翼)
5. ドメイン専用言語と言語指向プログラミング(市川和央)
6. 初心者にやさしいコンパイラ警告メッセージを目指して(権藤克彦・内田公太・小島吉貴・荒堀喜貴)
7. 生体情報を用いたプログラミング活動の測定(上野秀剛)
《シニアコラム:研究の道(中村 哲)
《トピックス》研究会推薦博士論文速報(追加)
《学会活動報告》ゲーム×プロコン×人工知能=SamurAI Coding(鷲崎弘宜)
《教育コーナー》ぺた語義:高校の教科「情報」は科学的な理解の夢を見るか(生田研一郎)
《教育コーナー》高等学校における教育用JavaScriptの授業実践報告(間辺広樹)
《連載:ビブリオ・トーク─私のオススメ─》ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する(金井 遵)
《会議レポート》11th IFIP WG 11.11 International Conference on Trust Management(IFIPTM 2017)(真野 健)
《会議レポート》IFIP WCCE 2017から得られた示唆─そしてWCCE 2021 in Hiroshimaに向けて─(斎藤俊則)
《連載:会誌編集委員会女子部》未来のキッチン(辻田 眸)
《連載漫画:IT日和》
[11-1]最も良かった記事が上記にない場合は以下にご記入ください。
[11-2]最も良かった記事に対する貴方の立場を教えてください.
[11-3]最も良かった記事を選んだ理由(下記から、いくつでも選択可)

[12-1]最も良くなかった記事が上記にない場合は以下にご記入ください。

[12-2]最も良くなかった記事に対する貴方の立場を教えてください.
[12-3]最も良くなかった記事を選んだ理由(下記から、いくつでも選択可)
 
[13]今月の特集に対する貴方の立場を教えてください.
特集:IoT時代のセーフティとセキュリティ:
小特集:ACM チューリング賞50周年記念大会:
小特集:プログラミング・エクスペリエンスの新潮流:

[14]設問[10]で読んでないと答えた記事について、その理由を教えてください。

[15]会誌に対するご意見やご感想、著者への質問、巻頭コラムに登場してほしい人物、今後取り上げてほしいテーマなどありましたらご記入ください。 
※一言でも構いませんので、できるだけご記入をお願いします。

  
[16]今月号の記事はお役に立ちましたか? 下記の記事すべてについて評価してください。
特集:デザイン・アートとICTの融合によるサービスのイノベーション
「デザイン・アートとICTの融合によるサービスのイノベーション」特集号について(細谷 誠,福島俊一,柴崎辰彦)
【特集号招待論文】1.Things on Stage ─パフォーマンス作品における開発と実践─(真鍋大度,石橋 素)
【特集号招待論文】2.“音を知性化” するサウンドプラットフォーム「Sound Intelligence」のサービス共創(多田幸生,田中培仁)
【特集号招待論文】3.共創型デザインアプローチの構築 ─ファッション×テクノロジーによる新たなショッピング体験の実現を事例に─(平松広司,平野 隆)
【特集号招待論文】4.都市と地域をつないだ,地域と企業の共創による“縁”のデザイン(高嶋大介,須川竜作,田中 巌)
【特集号招待論文】5.アートの視点を取り入れた価値創出の可能性 ─ヤマハ(株)の新規事業開発の取組み事例から─(神谷泰史)
【特集号投稿論文】1.広告表示プリンタシステム「KadaPos/カダポス」の開発と香川大学における実運用による評価(高田良介,後藤田中,紀伊雅敦,國枝孝之,山田 哲,佐野弘実,竹下裕也,八重樫理人)
【特集号投稿論文】2.観光日記生成/印刷システム「KaDiary/カダイアリー」の開発と香川県小豆島における観光日記を用いた観光行動分析(熊野圭馬,宮川 怜,國枝孝之,山田 哲,後藤田中,紀伊雅敦,八重樫理人)
【特集号投稿論文】3.新しいデータ可視化表現が自発的かつ継続的に開発されるシビックテック活動の設計:E2D3におけるアプリケーション・オープンソース・ハッカソンのデザイン(五十嵐康伸,壹岐 崇,江畑 彩,大曽根圭輔,小副川健,小野恵子,河野麻衣子,佐藤奈津紀,澤 徳彦,篠原 剛,清水正行,鈴木典子,竹内秀行,長久 武,西野貴志,林 由佳,久住裕司,平河広輝,槙田直木,松崎 剛,宮内 元,山田祐資,山本 智,山本 優,綿貫順一)
インタビュー:真鍋大度氏,石橋 素氏インタビュー「パフォーマンス作品における技術と演出,その先に」(インタビュアー:細谷 誠,福島俊一)
グロッサリ
【推薦投稿論文】1.ソフトウェアの高い互換性と長い持続性を目指すPOSIX 中心主義プログラミング(松浦智之,大野浩之,當仲寛哲)
【一般投稿論文】1.テスト環境の開発アクティビティにおける大規模分散処理システムのシステム検証の効率化(梅田昌義)

●特集について
 どのような特集であれば投稿したいですか。
 
※その他とお答えの方は以下にお書きください。
    

●デジタルプラクティスについて
 著者の立場から、いずれを期待していますか。 (1つ選んでください)
 読者の立場から、どんな論文を期待していますか。 (1つ選んでください)

その他ご意見、ご要望等ありましたら、何でもお書きください。