情報処理学会ホームに戻る
最終更新日:2017年9月15日

「情報処理」Vol.58 No.10アンケート

■貴方について教えてください。 *:必須項目
 
[1]お名前*
[2]ご所属
[3]E-mail*
[4]業種*
[5]職種*
[6]年齢*
[7]性別
[8]あなたはモニタですか?
[9]あなたのご意見は会誌「情報処理」の「会員の広場」、またはWebページ(読者からの声)に掲載される場合があります。その場合*

■会誌「情報処理」10月号の記事について評価をご記入ください。
[10]今月号の記事は良かったですか? 下記の記事すべてについて評価してください。また、合わせて最も良かった記事と最も良くなかった記事を1つだけチェックしてください。 最も良かった 最も良くなかった
《巻頭コラム》私と情報処理(河野太郎)
《特別解説》仮想通貨の現状と未来─ビットコイン分裂とICOの拡大を中心に(岩下直行)
 
《特集》情報教育とワークショップ
1.ワークショップの成り立ちとワークショップの学び(苅宿俊文)
 
2.ワークショップ普及に向けたCANVASの実践(石戸奈々子)
3.ビスケットプログラミングワークショップ─なぜワークショップなのか─(原田康徳・渡辺勇士)
4.参加者の主体性に基づく,変化を前提としたScratchワークショップの実践(阿部和広)
5.ワークショップギャザリング─社会・自然環境に開いていく学び─(宮田義郎)
6.仮想空間でのプログラミング学習ワークショップ(竹林 暁)
7.Rubyプログラミング少年団の活動紹介 地方都市でのプログラミング教育の普及に向けて(本多展幸)
8.「自律」と「協調」で広がるオープンなプログラミングワークショップCoderDojo(石原淳也)
9.文理融合系学部の情報系科目におけるワークショップ的観点の導入(伊藤一成)
《シニアコラム:IT好き放題》情報系のサイエンスコミュニケーション(美濃導彦)
《解説》エクサスケールに向かう学部スパコン教育の衝撃:中国でのASC17からの知見(松山泰男)
《教育コーナー》ぺた語義:国際情報オリンピック IOI 2018 日本大会を1年後に控えて(谷 聖一)
《連載:古機巡礼/二進伝心》オーラルヒストリー:嶋 正利氏インタビュー (旭 寛治・湖東俊彦・発田 弘・前島正裕・山田昭彦)
《連載:ビブリオ・トーク─私のオススメ─》世界天才紀行 ソクラテスからスティーブ・ジョブズまで(井本和範)
《会議レポート》DICOMO2017シンポジウム参加報告(勝野恭治)
《会議レポート》CHI 2017会議レポート─インタフェースとAI・社会設計研究の融合─(大澤博隆)
《連載:会誌編集委員会女子部》子どもとディジタル教育から考えさせられた,環境づくり(五十嵐悠紀)
《連載漫画》IT日和
[11-1]最も良かった記事が上記にない場合は以下にご記入ください。
[11-2]最も良かった記事に対する貴方の立場を教えてください.
[11-3]最も良かった記事を選んだ理由(下記から、いくつでも選択可)

[12-1]最も良くなかった記事が上記にない場合は以下にご記入ください。

[12-2]最も良くなかった記事に対する貴方の立場を教えてください.
[12-3]最も良くなかった記事を選んだ理由(下記から、いくつでも選択可)
 
[13]今月の特集に対する貴方の立場を教えてください.
特集:情報教育とワークショップ:

[14]設問[10]で読んでないと答えた記事について、その理由を教えてください。

[15]会誌に対するご意見やご感想、著者への質問、巻頭コラムに登場してほしい人物、今後取り上げてほしいテーマなどありましたらご記入ください。 
※一言でも構いませんので、できるだけご記入をお願いします。