○連続シンポジウム「デジタルコンテンツとユビキタスによる新しい社会の創生」参加募集.

情報処理学会放送コンピューティング研究グループとモバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会との連続開催により、「デジタルコンテンツとユビキタスによる新しい社会の創生」をテーマとして秋のお台場で連続シンポジウムを開催することになりました。皆様のご参加をお待ちしています。

日時

2002年10月3日(木)(10:00〜17:15)、10月4日(金)(10:00〜17:10)

場所
独立行政法人 産業技術総合研究所 臨海副都心センター 第一会議室
ゆりかもめ テレコムセンター駅 徒歩2分
主催
10/3(木):情報処理学会 放送コンピューティング研究グループ(BCC)
10/4(金):情報処理学会 モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会(MBL)
参加費
情報処理学会正会員
研究会登録会員
学生
非会員
2日間
18,000
15,000
5,000
27,000
どちらか1日
10,000
8,000
3,000
15,000
※学生は情報処理学会学生会員でなくても上記の参加費になりました.
※懇親会等は予定しておりませんので,参加費はシンポジウムの参加および資料代として徴収させていただきます.
※なお、10/3(木)の「デジタル放送とコンテンツ流通」に参加頂いた方は、2002年度及び2003年度の放送コンピューティング研究グループの会費が免除になります.
申し込み
以下の必要事項を記入して下記事務局までe-mailでお申込み下さい。
■氏 名:
■連絡先
 所 属:
 TEL:        (内線:   )
 FAX:
 E-mail:
■希望シンポジウム(希望する日を選択ください):
 (1) 10/3、10/4両方、(2)10/3のみ、(3)10/4のみ
■申し込み区分(次のいずれかを選択してください):
 (1)情報処理学会正会員、(2)研究会登録会員(BCC、MBL)、(3)学生、(4)非会員
■参加費支払方法(支払い方法を選択ください):
 (1)当日現金を持参、(2)銀行振込
 ※銀行振込を選択された方は振込方法を別途ご連絡します。
申込期限
9月27日(金) 下記事務局必着
※会場の都合につき先着100名様で申し込みを締め切りにさせて頂く予定です。
事務局
連続シンポジウム「デジタルコンテンツとユビキタスによる新しい社会の創生」
 事務局 渥美友佳子 (yukako@mizulab.net)
照会先
情報処理学会 放送コンピューティング研究グループ主査
  水野忠則 (静岡大) mizuno@mizulab.net
情報処理学会 モバイルコンピューティングとワイヤレス通信研究会主査
  高橋修 (NTTドコモ) osamu@mml.yrp.nttdocomo.co.jp
プログラム

プログラム(予定):

10月3日(木) テーマ:デジタル放送とコンテンツ流通

[10:00〜10:10]開会挨拶
BCC研究グループ主査 水野忠則(静岡大)
[10:10〜12:10]招待講演
(1)「インターネット放送局の可能性」 
石田晴久(多摩美大)
(2)「デジタル放送技術政策の概要」  
久保田誠之(総務省)
[13:00〜15:00]招待講演
(3)「デジタルコンテンツ流通技術の動向」
安田浩(東京大)
(4)「電子透かし技術の動向と展望」
岡本逸明(エム研)
[15:15〜17:15]招待講演
(5)「コンテンツの制作と活用に向けて」 
柴田正啓(NHK)
(6)「デジタル放送時代の地方局ビジネスモデル」
岩垣伸哉(TV大阪)

10月4日(金) テーマ:モバイルコンピューティングとユビキタス通信

[10:00〜12:00]招待講演
(7)「ユビキタス社会の展望」 
坂村健(東京大)
(8)「Smart Space 2 Project: ユビキタスコンピューティング環境の実現に向けて」
徳田英幸(慶應大)
[13:00〜13:20]MBL研究会2001年度優秀論文表彰式  
[13:20〜14:50]招待講演
(9)「ブロードバンドモバイルインターネット」
太田昌孝(東京工大)
(10)「腕時計型コンピュータ WatchPad」
水谷晶彦(日本IBM)
(11)「日用品コンピューティング」 
椎尾一郎(玉川大)
[15:05〜17:20]パネルディスカッション

(12)「ユビキタスによる新しい社会の創生」

司会:真下佳樹(日経BPソフトプレス)
パネリスト:竹林洋一(静岡大)
中島秀之(産総研)
太田昌孝(東京工大)
水谷晶彦(日本IBM)
椎尾一郎(玉川大)

[17:20〜17:30]閉会挨拶   
MBL研究会主査 高橋修(NTTドコモ)