第10回高齢社会デザイン研究発表会

11月18日(土)

■セッション1 [10:00-10:50]
(1) 地域包括ケアにおける生活支援サービス提供体制の構築—地域包括ケアシステムにおける情報活用に関する取り組みから—
   東野 定律,寺尾 安祐美

(2) チームSTEPPS研修の地域包括ケアへの応用-平成26年~28年度静岡県立大学「ふじのくに」未来教育センターCOC事業を通じて-
   田中 悠美,酒井 知子,冨安 真理,木下 晴美,寺井 美峰子,渡邉 貴之,東野 定律

■セッション2 [11:00-12:15]
(3) マイクロ波ドップラセンサを活用した転倒検知
   柴 和彰,鏑木 崇史,栗原 陽介

(4) エアチューブを用いた無拘束生体情報計測システムによる就寝時血圧推定法
   岩﨑 光,鏑木 崇史,栗原 陽介

(5) 膀胱内畜尿量予測モデルの構築および超音波計測における誤差補正法の開発
   武藤 盛恭,鏑木 崇史,栗原 陽介

■セッション3 [13:30-14:45]
(6) 情報技術がもたらす社会的解決メカニズム
   洪 性旭,国保 祥子

(7) 多視点観察情報を用いた家族とスタッフ向け認知症共学環境—認知症の人を支える地域づくりのために—
   柴田 健一,石川 翔吾,上野 秀樹,玉井 顯,竹林 洋一

(8) 高齢者の個性に基づく自立生活支援のためのケアインタラクション分析
   福田 幸大,神谷 直輝,桐山 伸也

■特別企画「高齢社会の課題解決へのIT(情報技術)・AI(人工知能)の活用」[15:00-16:15]
(9) 認知症情報学による産業革新と社会革新への期待
   石山 洸

■招待講演・パネル討論 [16:20-18:00]
(10)人口ビッグデータと高齢社会-歴史人口学の立場から-
   鬼頭 宏

(11)「健康長寿のまち」の実現に向けて
   加藤 正嗣

(12)高齢化・人口減少社会における地域公共交通の持続にむけたICT技術の活用
   岸 昭雄

一括ダウンロード