講習会

H29 情報処理学会中国支部主催講習会 平成29年12月14日(木)

【題目】
AI(人工知能)と機械学習 -その現状と動向-
【日時】
平成29年12月14日(木) 13:30〜16:30
【場所】
広島YMCA国際文化センター 本館4階 402号(広島市中区八丁堀7-11) http://hymca.jp/hall/access/
【費用】
無料
【定員】
50名(先着順)
【概要】
近年,ディープラーニングを代表とする人工知能技術が飛躍的な進歩を遂げており,さまざまな分野へAI技術の導入が進められています.本講習会では2名の講師の方に,AI技術に関する動向や諸問題について,そしてAI技術を応用したシステム開発事例等について解説していただきます.AIや機械学習を使いこなすことで,どのような課題やサービスが実現可能になるか,そのヒントがここにあります.

【プログラム】
・開会,主催者挨拶(13:30〜13:40)

・「演題1」(13:40〜14:40)「機械学習分野研究の概要と動向」
 講師:神嶌 敏弘 氏(産業技術総合研究所)
 概要:人工知能の一分野である機械学習について,それがどのような
    ものであるのか?どのような限界があるのかについて紹介した
    のち,近年の国際会議での研究動向についても紹介する.

・「演題2」(14:50〜15:50)「AI技術を実業務に適用する方法
                   ~構想から実装までの苦労話~」
 講師:亀山 篤志 氏(NECソリューションイノベータ株式会社)
                  クラウドサービス事業部
 概要:私の部署では,NECのAI技術(NEC the WISE)を活用した分
    析業務を行っています.適用構想からシステム実装まで様々な
    苦労がありますが,本日は,PJを担当する立場(視点)からの,
    ”AI技術適用の実際”をお話しします.

・質疑応答,ディスカッション(16:00〜16:30)
【共催(予定)】
 
  • 電気学会 中国支部
  • 電子情報通信学会 中国支部
  • 映像情報メディア学会 中国支部
  • 照明学会 中国支部
  • 電気設備学会 中国支部
  • 計測自動制御学会 中国支部
【申込】
 
  • 下記申込先まで,電子メールでお申し込みください.
  • ただし,定員に達し次第,申込終了とさせていただきます.
  • 空席があれば当日参加も歓迎いたします.
【申込・問合せ先】
 
  • 情報処理学会中国支部事務局 ライチェフ ビセル (RAYTCHEV Bisser)
  • TEL: 082-424-4423
  • mail: bisser[at]hiroshima-u.ac.jp

H28 情報処理学会中国支部主催講習会 平成28年12月7日(水)

題目
先進IT技術による地域活性化への取組み事例
講師
小川 浩基 (インタロボット(株) 代表取締役社長)
日時
平成28年12月7日(水) 14:00-16:00
場所
サムライスクエア セミナールーム (岡山市北区駅前町1-8-1 5F)
費用
無料
定員
25名
概要
ロボット,VR,IoT,AIといった新しい IT技術による生活向上に対する期待が大きくなっています. 一方で,先進のIT技術の東京一極集中が進んでおり,地域との情報格差, 人材格差が広がっていると感じられます. 本講習会では,東京を中心として起こっているメイカーズムーブメントについて解説しつつ, 地方との格差を分析します. さらに,地方での先進技術の活用事法や導入手法について実例, デモを交えて講習します.講師として,東京と岡山の双方に拠点を置きつつ地域活性化をテーマとして活動しているインタロボット (株)代表取締役社長 小川浩基氏をお迎えしています.
共催
 
  • 電気学会
  • 電子情報通信学会
  • 映像情報メディア学会
  • 照明学会
  • 電気設備学会
  • 計測自動制御学会
事前申込
 
  • 12月5日(月)までに,下記申込先まで,電子メールでお申し込みください.
  • 空席があれば当日参加も歓迎いたします.
申込・問合せ先
 
  • 情報処理学会中国支部事務局 乃村能成 (Yoshinari Nomura)
  • TEL: 086-251-8186
  • mail: ipsj-chugoku-office -at- swlab.cs.okayama-u.ac.jp

H27 情報処理学会中国支部主催講習会 平成27年12月3日(木)

題目
クラウドを活用した国際交流の手法と事例
講師
梶田 康生 (株式会社 AG&P)
日時
平成27年12月3日(木) 13:00-15:00
場所
岡山大学 工学部4号館 10番講義室
費用
無料
定員
40名
概要
クラウドとICTを活用することで,遠隔国際交流や授業を実施することが 比較的現実的になってきました.しかしながら,国による回線品質の差 や音響設備の選定などに関する技術的課題も多く,コンテンツのオーサ リング,コミュニケーションの手法も含め,多くのノウハウが必要でも あります.本講習会の講師は,30ヶ国50校,年200回の遠隔授業を実践さ れており,それらで得た知見についてお話いただくとともに,遠隔授業 国際交流にとどまらず,企業からの情報発信や地域ブランドの世界への 発信活用方法についても講習いただきます.
共催
 
  • 電気学会
  • 電子情報通信学会
  • 映像情報メディア学会
  • 照明学会
  • 電気設備学会
  • 計測自動制御学会
事前申込
 
  • 11月30日(月)までに,下記申込先まで,電子メールでお申し込みください.
  • 空席があれば当日参加も歓迎いたします.
申込・問合せ先
 
  • 情報処理学会中国支部事務局 乃村能成 (Yoshinari Nomura)
  • TEL: 086-251-8186
  • mail: ipsj-chugoku-office -at- swlab.cs.okayama-u.ac.jp

MIT App Inventor2を用いたAndroidアプリの作成