6月号(Vol.58 No.6)へのご意見

無題ドキュメント
今月の会員の広場では,6月号へのご意見・ご感想を紹介いたします.まず,巻頭コラム「未来は目指すものであり創るもの」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■ビジョンがあった.(匿名希望)
 
■「初期値やモデルが同じでも毎回違う結果になる」は科学的に誤り.(吉田泰光)
 
■論理性に乏しい記事のように思えました.(登坂紘介)
 
■興味深かったです.きっともっと語りたいことがあり,私たちに考えさせたいこともあるように感じられ,短いコラムに惹きこまれた感覚でした.(匿名希望)
 
■「初期値やモデルが同じでも毎回違う結果になる」との言葉は,コンピュータへの美しい誤解を導く表現である.まったく同じなら毎回結果は同じであり,そもそも自然界でまったく同じという前提そのものに無理がある.つまり,まったく同じであることは困難であるから,その結果としてまったく同じ結果は二度と起きないのである.(吉田泰光)
 
特集「ちょっと変わったプログラミング教室」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■プログラミング関連書の出版などを考えているので,今号の特集はその点では興味深かったです.しかしながら,どの記事も初歩のチュートリアルにとどまっているような印象を受けたので,もう一歩踏み込んだ部分まで記述してもらえると良かったなとも思います.(匿名希望)
 
■記事が多様すぎてまとまりがもう少し欲しいように感じました.(匿名希望)
 
■Processing.jsでジェネラティブ・アートを実際に開発してみたくなりました.(長山知由理)
 
■プログラミング教育の小学校必修化を契機に,関連する話題が溢れているのに少しうんざりという感じもありましたが,今回の特集は学会らしさの感じられる大変良い特集だったと思います.(阿部一晴)
 
■筆者の思想がそれぞれ書かれていて興味深く感じた.(匿名希望)
 
■とても興味深く,子供の教育にとてもよさそうに思いました.(三木清一)
 
■いろいろな技術に対する社内勉強会を企画しようと思っています.今回のプログラミング教室のように,新しいことを平易に説明していただけると,きっかけ作りとして有効と思います.時々でいいので,今後も同様の記事を期待しています.(匿名希望)
 
■授業回数の限られた初歩のプログラミング学習では,理解できる結果がすぐに出せることは大切と思います.欲しいもの(結果)を簡単に作れる今回のものは機会があれば試してみたい.(匿名希望2)
 
■難しいテーマではあるが浅いプログラミングの内容だったので,中途半端な記事の印象を受けた.(匿名希望)
 
■大変興味深く拝見した.人文学部におけるプログラミング教育にも応用できそうだ.(匿名希望)
 
■プログラミング入門の内容が楽しく読めました.(匿名希望)
 
■さまざまな楽しいと思えるプログラミングが紹介されていて,実際に小学生や中学生に教育することはもちろん子供から大人まで楽しめるものもあったので読みごたえがあり,実際にやってみたいと思えた.(澤 佳祐/ジュニア会員)
 
■楽しませていただきましたが,もう少し俯瞰的に,どのような試みがあったかを示したうえで,今回取り上げた4つを紹介したのか示していただければ,なお良かったと思います.(匿名希望47)
 
■分かりやすくすぐに実践してみたくなるとても,良い記事でした.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■とても面白かった.プログラミングだけではなく情報処理技術全般でも読んでみたい.(匿名希望)
 
「1.楽しいプログラミングの入り口・ビスケット」
■Google Chromeでは使えなかった.(匿名希望/ジュニア会員)
 
「2.音や画像で遊ぼう」
■例に挙げられたプログラムが書いてあるサイトが用意されておりプログラミング初心者の自分にもやりやすかった.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■Siv3Dというものは今まで知らなかったが,ソースコードも記載されており,自分にもできそうだと感じた.(澤 佳祐/ジュニア会員)
 
■プログラムは文字で書くものである,という固定観念がありましたので,それを絵で行うという考えには驚かされました.ビスケットは子供教育向けでしたが,簡単な開発要望にも応えられるものがあれば面白いと思いました.(梅田博之)
 
■特集を見て作ってみました.プログラムを打つのは難しかったです.終わった後に達成感がありました.ちゃんと動いたので,「本当にできるんだ」と思ってうれしかった.もっと時間をかけてやってみたら本物よりすごい絵になるのかと想像しました.(神長和花/ジュニア会員)
 
「4.論文の図をプログラミングで描こう」
■論文等に掲載するために規則的な図をプログラミングする良い方法を探していたので,とても役に立った.(匿名希望)
 
■本当に役に立つ記事でした.ありがとうございます.(匿名希望).
 
特別解説「信念の受賞」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■比較的マニアックな記事だったため,面白く読むことができた.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■「特別な普通」という言葉に魅かれた.(吉田泰光)
 
■その時代を経験した人にしか語れないWeb黎明期のお話が聞けたので面白かったです.(匿名希望)
 
■同じ時代を生きた者として共感を持って読むことができた.特に「特別な普通」という言葉には感じ入った.普通となったAとBを組み合わせ特別なCを創り出す.それが「特別な普通」である.(吉田泰光)
 
シニアコラム「IT好き放題:大持続可能な社会情報システムとは?」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■立場を変えれば,運用は利用と言い換えられる.利用に応えること,それがソリューションであると思う.(吉田泰光)
 
■「世の中すべてフィードバックが本質である」には好感を持てた.(星野 寛)
 
解説「改正個人情報保護法の全面施行を迎えて研究者が気を付けること」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■役に立つ情報でした.(匿名希望)
 
■難しい法律の内容を対話形式で楽しく読めるように工夫している点が良かった.情報処理学会の会員には大切な内容だと思います.(匿名希望)
 
■プライバシーに関する法律を知ることは今後ディジタルデータを扱う研究をする学生にとって重要だと感じた.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■情報科学分野において,社会データを取り扱う場合,個人情報保護法は大変重要である.(匿名希望)
 
■情報量に比して分量が多い.(三木清一)
 
■右上タイトルに誤った表記があった.今後このようなことが起きないよう,確認方法など再度検討し,見直していただきたい.(嶋 廣二)
 
■非常に有用と思いましたが,国立大学や公立大学もカバーされればより望ましかったのではと思います.(匿名希望)
 
■大変分かりやすく参考になりました.(阿部一晴)
 
■大変参考になった.研究者としての立場で具体例が記載されており分かりやすかった.本法に限らず情報の分野で法律面で配慮すべきテーマを取り上げてほしい.そもそも何を配慮しなければならないか明らかにしてほしい.(匿名希望)
 
■大変ためになりました.情報処理の研究者が気づかずに過ごしてしまいそうな制度改正をこのようにベストなタイミングで解説いただけるのはありがたいです.また,キャラクタを登場させ,その会話を挟むことにより,読みやすい記事になっていることにも好感を覚えました.(匿名希望)
 
■改正個人情報保護法については,大変タイムリーな記事で興味深く拝読しました.(匿名希望)
 
■今回は日本における情報教育についての記事が多かったが,私はこの記事が一番気になった.周りにセキュリティの研究室に配属になった人が多いのだが,この法律について知っている人が少ないことに驚いた.今後の記事には情報系の研究に関する,または必要である法律を具体例を交えて教えてくれるコラムなどがあるといいと感じた.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■タイトルを見て「改正個人情報...気を付けること」に強い関心を持って読み始めたが,戯言であふれており,重要点を見つけるのが大変だった.もっと簡潔にまとめてほしかった.(匿名希望)
 
■個人情報保護法など社会的な状況を含めることは非常に参考になった.(匿名希望)
 
■改正個人情報保護法について初めて知りました.どのような変更があり,研究をする上でどのような影響があるかが分かりやすく解説されており,とても良かったです.今後もさまざまな分野の最新情報について,分かりやすく解説していただけるとありがたいです.(匿名希望)
 
■改正個人情報保護法は多くの読者も気になることだと思います.単発の記事ではなく,連載を検討してほしいと感じました.(匿名希望)
 
■個人情報保護法が改正される時期にあわせて,このような解説記事を掲載していただけると意識するきっかけになるのでちょうどいいと思います.(匿名希望)
 
教育コーナー「ぺた語義:情報教育に対する産業界からの視点」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■POSシステムをプログラミング経験のない人が2日で,とあるがにわかには信じがたい.また,大学の教育現場ではその学部で必要なスキルを教えるだけでも四苦八苦していることをご理解いただきたいところです.(匿名希望)
 
教育コーナー「ぺた語義:情報技術による語彙学習」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■記憶保持率と評価の相関係数は0.41である.相関が高いとは言えない.(横山久美)
 
■紹介されている技術は国内の定住外国人が日本語を勉強する場合に特に有用だと感じました.彼らは勉強する時間がない場合もあり,隙間時間に日本語を学習できる仕組みを整えることは大切だと感じます.特に子供が使える仕組みが求められると思います.(匿名希望)
 
■記憶保持率が最も高かったのは関連画像と共に学ぶこと,という結果である.大学の英語のネット授業では,画像の中でわからない単語や発音をwebilio等で検索し,学習場面ごとに語彙ノートを保存すると,画像の記憶と単語や発音の記憶が一致し,記憶保持率が上がると考えます.(横山久美)
 
連載「国内750大学の調査から見えてきた情報学教育の現状」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■情報学教育の現状を興味深く読みました.入試改革や学部改組などの波が押し寄せており,今後の情報系の教育を考えていく上で参考になりました.(匿名希望)
 
■本連載は複数号にわたります.記事の冒頭に調査の目的,その目的の中での各記事の位置づけを簡単で書いていただけると読みやすくなると思いました.(匿名希望)
 
連載「会誌編集委員会女子部」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■女子部自体に疑問を感じる(女子女子強調しすぎだと思う).(匿名希望)
 
■マイノリティとしての居心地の悪さとはどのようなものか気になりました(女性の場合も男性の場合も).(匿名希望)
 
■以前から「会員の広場」にて本連載に対する「女性に注力する意義が感じられない」というコメントを読んでいて,悲しい気持ちになっていた(またそのコメントを素直に載せる編集もすごいと思っていたが).今回の「女子部の役割」では読者コメントについても触れられていて,また本連載を続けるモチベーションについても書かれているため,興味深く読むことができた.(匿名希望)
 
■ページに広告が大きく載っていて,もともと半ページしかないのに,さらにスペースが減っていて残念でした.写真などももう少しあれば読みやすいのにと思いました.(匿名希望/ジュニア会員)
 
連載「ビブリオ・トーク:あなたのチームは,機能してますか?」については,以下のようなご意見・ご感想をいただきました.
 
■参考になり,職場の人と共有しました.(匿名希望)
 
会誌の内容や今後取り上げてほしいテーマに関して,以下のようなご意見やご要望をお寄せいただきました.今後の参考にいたします.
 
■IoTに関する記事が読みたいです.(匿名希望)
 
■特集「ちょっと変わったプログラミング教室」や《解説》「改正個人情報保護法の全面施行を迎えて研究者が気を付けること」を非常に興味深く読んだが,研究機関や大学の研究者は,このような記事に関心がもてるのだろうか?(匿名希望)
 
■短い記事でもいいので中・高生向けの記事も欲しいです.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■使用フォントの数ばかり多く,フォントの使い方がまずいところが多い.バランスおよび統一感の観点から専門家に見ていただいたほうがいいと思う.(奥村晴彦)
 
■論文やコラムだけでなく,実験できるような面白い内容が欲しい.(匿名希望)
 
■高専生の情報処理技術.(中野雄貴/ジュニア会員)
 
■その道の専門家の語りというのは非常に面白く,積極的に取り入れていくべきだと感じる.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■他の学会にて,研究倫理が大きな話題になったが,それらに関する本会での意見が気になる.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■最近問題となったランサムウェアについて知りたい.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■チュートリアル的な記事があるとよいと思います.(匿名希望)
 
■息抜きになるようなパズルが欲しい.(匿名希望)
 
■ジュニア会員向けの記事が増えた印象があります.研究室に新しく配属された学生向けだった会誌の頃から比べると内容が平易になってきており,正直少しとまどいも覚えますが,読者の間口を広げるという意味ではとても意義があると思います.(匿名希望)
 
■物珍しい研究ばかりを集めたテーマだとどれくらい読者の人が興味を持つのか興味深いのでぜひ.(匿名希望)
 
■オープンソースソフトウェア,システム・ソフトウェアに関する国際規格の動向.特に技術開拓領域については,国際規格も追いつかないと考える.このあたりの特集を希望する.(匿名希望)
 
■今月号は,特集も含めて,非専門家という立場もあって,興味の持てない記事が多かった.(匿名希望)
 
■医療に関するテーマ.(牧永あや乃)
 
■今月号も大変興味のある内容だった.(山田俊輔/ジュニア会員)
 
■産学官連携など.(匿名希望)
 
■人材募集は,企業の求人も出せたとは知らなかった.(葭谷 努)
 
■情報科学の歴史.ブロックチェーン技術.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■記事として紹介する際には,どのブラウザでも使えるかどうか確認をしてから掲載をしていただきたいです.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■生命情報学,微分方程式の数値計算.(匿名希望)
 
■小学生のジュニア会員にも読める記事が1つでもあれば,より学会に関心を持つようになるのではないか.(鏡 嘉月/ジュニア会員)
 
■もう少し産業界の動向を取り入れられないか.(匿名希望)
 
■小学生のプログラミング教室が関東に多いので,大阪でも,もっと開催してほしいです.(匿名希望/ジュニア会員)
 
■人工知能に関する記事が好きなので,また是非いろいろと記載があるとありがたいです.(登坂紘介)
 
ご意見・ご感想はアンケートページでも受け付けております.ぜひ皆様のお声をお寄せください.

会誌編集部門への問い合わせフォーム