領収証について

領収書を受け取る際には次のことを必ず確認してください。記入事項に不備がありますと再発行の依頼、またはお支払ができない場合があります。
※不明な点は、事務局研究会担当に必ず問い合わせてください。

業者等への支払い

  • 宛  名  :  一般社団法人 情報処理学会 (無記名、上様は不可)
  • 日  付  :  年月日
  • 金  額  :  ¥○○。- または 金○○円 等(後から加筆できないように)
  • 但し書き  :  ○○代 等の内容(品代は好ましくありません)
  • 受領者名 :  代金の受領者名(支払先名)
  • 受 領 印  :  代金の受領者(支払先)の印
  • 収入印紙 :  支払先が業者で代金が5万円以上の場合貼付、割り印も必要
                        (委員、役員等の旅費交通費、謝金等の場合は営業目的でないので不要)

講師等への交通費の支払い

交通費の支払いは実費とする。
飛行機、タクシーは交通機関からの領収書を用意してもらう。
その他は、受領者から金額を明記した領収書に受取のサインをもらい、経路と金額(時刻表等公開されているもの)を添付する。
 

謝金等の支払い

領収証例(Wordファイル)]に従った領収証に、謝金の受取人からマイナンバーカード記載の自宅住所と名前、および連絡先として電話番号とE-mailアドレスを記入してもらう。

アルバイト代の支払い

領収証例(Wordファイル)]に従った領収証に受取人から自宅住所と名前をもらう。1人1日ごとの領収書を作成する。金額は9,300円以上になると税金がかかるのでそれ未満にする。
※研究発表会・シンポジウム等の日雇いアルバイトの場合はマイナンバーの提出は不要。
 

銀行振込手数料

送金時の振込票、またはそれに該当するもの(手数料金額を明記しているもの)を添付。

調査研究担当への問い合わせフォーム