第105回オーディオビジュアル複合情報処理研究発表会

標記の研究発表会はペーパレスで行います(貸し出し用のUSBメモリもご用意しています)。
  • 研究会に登録されている方
    研究報告は開催初日の1週間前(=公知日)に電子図書館で公開します。

  • 研究会に登録されていない方
    当日受付で資料閲覧用のアカウント情報(URL,ID,PW)をお渡しいたします。
    尚、研究会にご登録いただくことで当研究会のバックナンバーも含めて全て電子図書館でご購読いただけます。登録に関しては 研究会に登録する」のページをご参照ください。

プログラム

【日 時】 2019年 6月13日(木) 11:00 - 17:25
      2019年 6月14日(金) 09:30 - 12:10
【場 所】 福江文化会館 会議室
      http://www.city.goto.nagasaki.jp/contents/individual/access.php

【議 題】
知的マルチメディアシステム, 組込み応用システム, 立体映像技術, 一般

【共 催】 映像情報メディア学会 立体映像技術研究会(ITE-3DIT)
【連 催】 電子情報通信学会 スマートインフォメディア研究会(IEICE-SIS)


6月13日(木)

■SIS 一般講演1(11:00 - 12:00)

(1) /SIS (11:00-11:20)
   ファジィ推論を用いた一家庭の 電力消費量予測モデルの構築
   石川秀大・○工藤拓歩・野崎英斗(大分高専)

(2) /SIS(11:20-11:40)
   ニューラルネットワークのハードウェア実装に向けた乱数生成手法の提案と検証
   ○堀 三晟・田向 権(九工大)

(3) /SIS(11:40-12:00)
   Wi-Fiシステムにおける受信時刻決定の精度検証
   ~ 非同期型Wi-Fi屋内モバイル位置推定の高精度化に向けて ~
   ○楠 湧夢・永野航太郎・ナナ ステイスナ・長尾勇平・
   レオナルド ラナンテ ジュニア・尾知 博(九工大)

−−− 休憩 ( 75分 ) −−−

■SIS 一般講演2(13:15 - 14:15)
(4) /SIS (13:15-13:35)
   中間層に余剰ニューロンを持った自己符号化器
   ○鈴木章央・田向 権(九工大)

(5) /SIS (13:35-13:55)
   Privacy Preserving Sparse Representation for Face Recognition in Edge and Cloud Networks
   ○Yitu Wang・Takayuki Nakachi(NTT)

(6) /SIS (13:55-14:15)
   単一の画像における深度推定への Feature Pyramid Network の導入による精度向上
   ○福田裕大・大木琢郎・宮本龍介(明大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■SIS 一般講演3(14:25 - 15:25)
(7) /SIS (14:25-14:45)
   ダウンサンプリングカーネルに汎用な自己学習型超解像
   ○瀬田祥己・山口拓郎・池原雅章(慶大)

(8) /SIS (14:45-15:05)
   局所色補正法の改良に関する一提案
   ○小島清一(山口大)・植田祥明(福岡大)・末竹規哲・内野英治(山口大)

(9) /SIS (15:05-15:25)
   局所色補正画像の彩度に基づく多重露光画像の融合法に関する一提案
   ○森山大樹(山口大)・植田祥明(福岡大)・末竹規哲・内野英治(山口大)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■SIS チュートリアル講演(15:35 - 16:15)
(10)/SIS (15:35-16:15)
   [チュートリアル講演]無線LAN国際規格IEEE802.11の標準化: 標準化作業手順とその最新動向
   ○Leonardo Lanante・Yuhei Nagao・Hiroshi Ochi(Kyutech)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■SIS 招待講演(16:25 - 17:25)
(11)/SIS(16:25-17:25)
   [招待講演]スパース・低ランクモデリングに基づく画像処理
   ○京地清介(北九州市大)


6月14日(金)

■AVM 特別講演(09:30 - 10:30)

 ・ AVM 2018年度AVM賞受賞式(09:30-09:40)

(12)/AVM(09:40-10:30)
   [AVM研究会最優秀賞受賞記念講演]
   Real-time free viewpoint rendering via viewport range driven polygon plane arrangement
   ○Nonaka Kei suke・Watanabe Ryosuke・Chen Jun・Naito Sei (KDDI Research, Inc.)

−−− 休憩 ( 10分 ) −−−

■AVM 一般講演(10:40 - 11:40)
(13)/AVM (10:40-11:00)
   ビデオマグニフィケーションがユーザーの視覚的注意と体感品質に与える影響の分析
   武田 翔一郎・亀田 明男・○磯貝 愛・木全 英明 (NTT)

(14)/AVM (11:00-11:20)
   点群ノイズ処理のための点群特徴抽出
   ○赤塚 紘輝 (早大)・原 潤一 (リコー)・渡 辺 裕 (早大)

(15)/AVM (11:20-11:40)
   画像変換による全天球カメラ映像のLSD-SLAMへの適用と点群合成
   ○加藤 裕也 (早大)・原 潤一 (リコー)・渡辺 裕 (早大)

−−− 休憩 ( 60分 ) −−−

■3DIT 一般講演(11:50 - 12:10)
(16)/3DIT 11:50-12:10
   VRにおける地形表現デバイスの提案
   ○星野健斗・堀越 力(湘南工科大)

※一般講演:発表 15 分 + 質疑応答 5 分
 

発表募集(募集は終了しました)

標記研究会を開催いたします.
下記のテーマにつき講演を募集しますので,奮ってご応募下さい.

テーマ 知的マルチメディアシステム, 組込み応用システム, 立体映像技術, 一般

【 共催 】 映像情報メディア学会 立体映像技術研究会 (ITE-3DIT)
【 連催 】 電子情報通信学会 スマートインフォメディア研究会(IEICE-SIS)

【 日
時 】 2019年6月13日(木)~ 14日(金)
【 場所 】 福江文化会館会議室(長崎県五島市 福江島)

【発表申込締切】 2019年4月8日 → 15日(月)23:59 延長しました!

【原稿提出締切】
2019年5月13日(月)23:59 必着
           ※締切日の23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
          締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
          また,フォントの埋め込みがされていないとアラートが出ます.
          お早目にご投稿くださいますようお願い致します.

【発表申込方法】 以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください
            https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/avm
           ※【研究会への連絡事項】欄で以下についてご回答ください。
            ・学生セッションの希望について
            ・AVM賞の選考対象の確認について
             35才以下の発表者はAVM賞の選考対象になります。
            ・発表をお申し込みの方は自動的に本研究会のメーリングリストに登録されます。
             登録された方には、研究会の活動や関連情報が電子メールで配布されます。
             登録を希望しない場合には、【研究会への連絡事項】の欄に「メーリングリスト
             を希望しない」旨を記載してください。
 
【原稿枚数】  一般セッション:6ページ以内
        学生セッション:2ページ(最大6ページ)

【問 合 先】  越智 大介(NTTメディアインテリジェンス研究所)daisuke.ochi.ru[AT]hco.ntt.co.jp
        米澤 和也(富士通研究所) yonezawa.kazuya[AT]jp.fujitsu.com
        ※[AT]を@に置き換えてください.

【最新情報】  AVM研究会ホームページ http://avm.ipsj.or.jp/

 

調査研究担当への問い合わせフォーム