情報処理学会 バイオ情報学研究会 (SIG BIO)

会場および日程

日時 2008年9月18日(木),19日(金)
人工知能学会 人工知能基本問題研究会(17日(水)〜18日(木)) との連続開催です。
会場 北海道大学百年記念会館
・宿泊:各自ご用意ください。
会場へは以下のホテルが便利です.
・東横イン 札幌駅西口北大前
http://www.toyoko-inn.com/hotel/00018/
問い合わせ先 伊藤公人(北海道大学)
E-mail: sigbio-14@czc.hokudai.ac.jp (第14回研究会用問い合わせアドレス)
Phone: 011-706-9504

プログラム:

○ 一日目  【9月18日(木)13:30-17:30】

●Session 1. 13:30-15:00

 (1) FPGAを用いた高速プライマー配列探索システムの開発
  ○千葉 啓和(産総研), 中川 草(遺伝研), 谷口 丈晃(三菱総研),
    藤渕 航(産総研)

 (2) 構造キーの分割によるTanimoto係数を用いた化合物検索の計算範囲の絞り
    込み手法
  ○清水隆史(阪大院),木戸善之(阪大),瀬尾茂人(阪大院),
    竹中要一(阪大院),松田秀雄(阪大院)

 (3) Two-step全探索法: 動的生化学ネットワークモデルの偏りのない効率的な
    パラメータ探索
  ○前田 和勲(九工大)、倉田 博之(九工大)

●Session 2. 15:15-16:15

 (4) Measuring Structural Robustness of Metabolic Networks
    Using Integer Programming and Feedback Vertex Sets
  ○Takeyuki Tamura(Kyoto Univ.), Kazuhiro Takemoto(Univ. of Tokyo),
    Tatsuya Akutsu(Kyoto Univ.)

 (5) (取り消し)

 (6) GOMA:遺伝子発現量の簡便機能解析Webアプリケーション
  ○水谷 枝理子,瀬々 潤(お茶の水女子大)

●Session 3. 16:30-17:30

 (7) HIV-1 env遺伝子V3領域の符号構造
  ○矢内 国治,佐藤 圭子(東京理科大)

 (8) エントロピー型カオス尺度を用いたインフルエンザA型ウイルス(サブタイ
    プH5N1)の伝染経路の特徴付け
  ○田邉 睦典 (東京理科大学)


○ 二日目  【9月19日(金) 9:00-12:15】

●Session 4.  9:00-10:30

 (9) Analyses and Algorithms for Predecessor and Control Problems for
    Boolean Networks of Bounded Indegree
  ○Tatsuya Akutsu (Kyoto U.), Morihiro Hayashida (Kyoto U.),
    Shu-Qin Zhang (Fudan U.),  Wai-Ki Ching (U. Hong Kong),
    Michael K. Ng (Hong Kong Baptist U.)

(10) 表現型による遺伝子ネットワークの推定
  ○阿部奈津美(お茶の水女子大),瀬々潤(お茶の水女子大)

(11) 超高次元時系列データからの遺伝子ネットワーク推定について
  ○島村徹平(東大医科研),井元清哉(東大医科研),
    宮野 悟(東大医科研)


●Session 5.  10:45-12:15

(12) A Generalized Hidden Markov Model Approach to Transmembrane Region
    Prediction with Poisson Distribution as State Duration
    Probabilities
  ○鏑木 崇史(早大),松本 隆(早大)

(13) 異種ネットワーク統合によるタンパク質機能予測
  ○加藤 毅(お茶女大),鹿島 久嗣(IBM),杉山将(東工大)

(14) マルコフ確率場を使ったタンパク質機能予測
  ◯秋葉寿光(中央大学),田口善弘(中央大学)