情報処理学会 バイオ情報学研究会 (SIG BIO)

2005年6月発足

会場および日程

日時 2007年3月5日(月)
会場 大阪大学 豊中キャンパス 基礎工学部国際棟シグマホー
会場アクセスURL: http://www.es.osaka-u.ac.jp/access/index.html
問い合わせ先 大阪大学 竹中要一   takenakaist.osaka-u.ac.jp

プログラム:

午前(protein)    10:30-12:00

(1) Subcellular Location Prediction of Proteins Using Support Vector Machines with Alignment and Amino Acid Composition
Takeyuki Tamura and Tatsuya Akutsu (Kyoto University)

(2) Comparison of amino acid occurrence and composition for predicting protein folds
Y-h. Taguchi (Chuo Uinv.), M. Michael Gromiha (CBRC).

(3) インフルエンザA型ウイルスにおけるHA蛋白質のエントロピー型カオス尺度による分類
日谷尭 (東京理科大学大学院理工学研究科情報科学専攻修士課程2年)
佐藤圭子(東京理科大学理工学部情報科学科)
大矢雅則(東京理科大学理工学部情報科学科)

 

午後I(metabolic pathway)    13:00-14:30

(4)絶対値発現量を用いた外れ値解析に基づく代謝反応パスウェイの抽出
迫岡洋輔、竹中要一、松田秀雄(大阪大学大学院情報科学研究科)

(5)化合物の構造式の類似性にも基づくパスウェイアライメント
遠里由佳子(立命館大学 情報理工学部 生命情報学科)
西村悠(立命館大学 理工学部 情報学科)

(6)反応分類番号を用いたパスウェイアライメントの提案
新免剛(大阪大学情報科学研究科バイオ情報工学専攻 松田研究室)

 

午後II (computational assistance)    14:45-16:15

(7)Hardness Results on Local Multiple Alignment of Biological Sequences
Tatsuya Akutsu (Kyoto University), Hiroki Arimura (Hokkaido University),
Shinichi Shimozono (Kyushu Institute of Technology)

(8)細胞アレイのための大規模画像処理システムの開発
富永大介(独立行政法人産業技術総合研究所)
井口富久美((株)情報数理研究所)
堀本勝久(独立行政法人産業技術総合研究所)

(9)ドッキングシミュレーションにおける試行錯誤的なパラメータ調整支援システム
前野隆志(大阪大学大学院情報科学研究科),
伊達進(大阪大学大学院情報科学研究科),
木戸善之(大阪大学大学院情報科学研究科),
下條真司(大阪大学サイバーメディアセンター)
 

午後III (gene regulation and network)    16:30-17:30

(10)タイトル:形式オントロジーに基づく遺伝子調節のための数値モデル
秋山卓見(1), 泉直子(2), 萩原茂樹(1), 米崎直樹(1)
   (1:東京工業大学大学院情報理工学研究科計算工学専攻)
   (2:十文字学園女子大学社会情報学部社会情報学科)

(11)遺伝子ネットワークのニューラルネットワークモデル同定法の提案
 木村周平(鳥取大学),園田克樹(JFE技研株式会社),山根総一郎(JFE技研株式
会社),松村幸輝(鳥取大学),畠山眞里子(理化学研究所)