情報処理学会 バイオ情報学研究会 (SIG BIO)

What's New?

開催案内

情報処理学会第54回バイオ情報学研究会のご案内

お知らせ
第52回研究会より,発表タイプとして「ディスカッショントラック」を設けました.
ディスカッショントラックには,将来的に論文化を検討している萌芽研究,論文誌や国際会議などに採択された研究,国際会議等の参加報告(研究動向調査),あるテーマに関するレビューなど,参加者にとって有用な話題・情報提供であれば,原則として,いかなる内容でも発表可能です.
予稿集には,表題,著者リスト,概要のみの掲載となりますので,お気軽に発表をご検討ください.
なお,ディスカッショントラックにおける発表は,各種賞受賞の対象外となりますこと,あらかじめご了承ください.
日時
平成30年6月13日(水)~15日(金)
※第118回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会との合同研究会です。電子情報通信学会 ニューロコンピューティング(NC)研究会、 情報論的学習理論と機械学習(IBISML)研究会との連催となります。
会場
沖縄科学技術大学院大学カンファレンスセンター
(〒904-0495 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1919-1)
講演募集および連動論文投稿のご案内
情報処理学会「第54回バイオ情報学(BIO)研究会」

発表申込締切:平成30年4月30日(月) (厳守: 締切延長はありません)
TBIO連動論文投稿締切:平成30年4月30日(月) (厳守: 締切延長はありません)
予稿集原稿締切:平成30年5月14日(月) (厳守: 締切延長はありません)

発表申込方法: 以下のURLの「発表申込」メニューよりお申込ください。
SIGBIO研究会はこちらからお申込ください.https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/BIO/
MPS研究会はこちらからお申込ください.https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/MPS/
なお,「研究会への連絡事項」欄には
(1) 発表タイプ
 - SIGBIO研究会からお申込みの方は下記のB1-B4より選択ください。
  [B1] ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)
  [B2] ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)及びTBIOへ投稿
   (※ TBIO投稿申し込みフォームも併せてご記入ください)
  [B3] ショートトーク(予稿2ページ[推奨],発表10分,質疑応答5分)
  [B4] ディスカッショントラック(予稿は表題・著者・概要のみ記載,発表10分,質疑応答5分)
 - MPS研究会からお申込みの方は下記のM1-M3より選択ください。
  [M1] ショートトーク(予稿2ページ[推奨],発表10分,質疑応答5分)
  [M2] ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)
  [M3] ロングトーク(予稿6ページ[推奨],発表20分,質疑応答5分)及びTOMへ投稿
   (※ TOM投稿申し込みフォームも併せてご記入ください)

(2) 発表者の身分,研究会登録の有無について(該当するものを選択)
1. 社会人
2. 学生,SIGBIO登録会員
3. 学生,この発表申し込み後にSIGBIO会員登録予定
4. 学生,SIGBIO登録予定なし(SIGBIO学生奨励賞の対象外となります)
5. 学生,MPS登録会員
6. 学生,この発表申し込み後にMPS会員登録予定
7. 学生,MPS登録予定なし
をご記入下さい。
注1)バイオ情報学研究会 (SIGBIO) では,研究会と連動してトランザクション TBIO への
     投稿を受け付けます.連動投稿では通常のTBIO同様,英語の原稿のみを受け付け,
     採否の判定を研究会の開催日にお伝えを致します.
     TBIO への投稿原稿の〆切は 5 月 16 日(水) 17:00 (厳守) です!
     TBIO へ投稿する場合は,講演は[B2]ロングトークのみとなります.
     詳細は,下記-----以下をご覧ください.
注2)MPS 研究会では,研究会と連動してトランザクション TOM への投稿を受け付けています.
     TOM への投稿原稿の〆切は 5 月 16 日(水) 17:00 (厳守)です!
     TOMへ投稿する場合は,講演は[M3]ロングトークのみとなります.
その他詳細につきましては、http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/mps118bio54.htmlをご参照ください。

TBIO連動論文投稿のご案内
バイオ情報学研究会では,研究会と連動してトランザクションTBIOへの論文投稿を受け付けます.連動投稿では通常のTBIO同様,英語の原稿のみを受け付け,採否の判定を研究会の開催日にお伝えを致します.
TBIOへの投稿論文原稿の〆切は 5月16日(水)17:00 です.SIGBIO研究会原稿(5/14締切)とTBIO論文原稿の両方を提出する必要があります.なお,TBIO へ投稿する場合は,SIGBIO研究会での講演は[B2]ロングトークのみとなります.
詳細は,こちらのURLを御覧ください. http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/mps118bio54.html
第54回SIGBIO研究会およびTBIO連動投稿に関するお問合せ
吉本 潤一郎(奈良先端科学技術大学院大学)
juniti-y[AT]is.naist.jp ※[AT]は@になおしてください。

発表と予稿原稿について

2018年度の開催予定と発表募集

6月の沖縄開催を皮切りに,4回の研究会開催を計画しております.
ふるって研究発表にご応募ください.
また,研究会にはどなたでも参加することが可能です.

2018年度の予定

過去の開催

過去の開催についてはこちらをご覧ください.

バイオ情報学研究会ペーパレス化のお知らせ

バイオ情報学研究会ではコスト削減および利便性向上のため、研究報告予稿を冊子体で配布せずUSBメモリによる電子的媒体で配布しております。発表者と参加者の皆様におかれましては、以下の手順に従って対応をお願いいたします。

研究会発表予稿電子データの事前閲覧

バイオ情報学研究会登録員の皆様に限り、研究会初日の1週間前よりBookParkにて発表予稿の電子データを閲覧・ダウンロード可能とさせていただきます。必要に応じて、データをあらかじめPCに入れるか、もしくは各自で印刷したものをお持ちのうえ会場までお越しください。

研究会発表予稿電子データの当日配布

参加者・発表者の皆様には、研究会会場にて予稿PDFをダウンロードできるURLとパスワードを配布します。

学生諸君へ(入会のお勧め)

バイオ情報学研究を目指す学生諸君,情報処理学会は会員2万人を超す情報科学,情報技術分野の旗艦学会です.学生会員は2千人を超えています.さらに,学生諸君が情報処理学会に入会すると様々の特典が用意されています.ふるって学生会員になりましょう.

特典その1: 研究会登録費が無料になります

学生会員の方は研究会登録費が1件無料になります. 研究会にまだ登録していない方は,情報処理学会「 学生会員の1研究会登録費無料制度」 をご確認の上,お申し込みください.

特典その2: IPSJ論文船井若手奨励賞への推薦

バイオ情報学研究会では,2006年度から IPSJ Transactions on Bioinformaticsを刊行しています。採録になった論文の第一著者が学生会員の場合には,その第一著者は,「IPSJ論文船井若手奨励賞」への推薦対象者となります.詳しくはこちらをご覧ください.

手続き

学生会員として入会する手続きは簡単です.情報処理学会「入会する」をご覧ください.

研究会登録のご案内

年会費(平成30年度)

情報処理学会会員
5,940円(税込)
情報処理学会非会員
7,020円(税込)

研究会入会のお申し込みは情報処理学会「研究会登録について」 にてお願いします.

メイリングリストのおすすめ

バイオ情報学研究会のご案内と共に、関連研究者の情報交換に活用されることを目指して、メイリングリスト bijapan の運用を開始しました。活発にご利用いただきますようお願い申し上げます.

関連リンク

情報処理学会研究会のホームページ
研究会の様々の活動が詳細されています.
IPSJカレンダー
情報処理学会関連のイベントの日程表です。全研究会の開催案内が掲載されています.