2019年7月(令和元年7月)採録論文

◇山本里枝子、大橋恭子、福寄雅洋、木村功作、関口敦二、上原忠弘、青山幹雄:Web APIの習得容易性と相互運用性,及び,その定量評価方法の提案と適用評価

◇加藤邦拓、石塚裕己、梶本裕之、宮下芳明:導電性インクの両面印刷を用いた電気刺激と静電吸着の複合触覚ディスプレイ

◇古山恒夫:エンタープライズ系ソフトウェアの信頼性に影響を与える質的要因の分析

◇丸山隼矢、水田孝信、八木 勲:人工市場を用いた分散投資規制が市場に与える影響分析~ファンダメンタル価格急落時と急騰時における比較~

◇廣川雄一、西川憲明、山田武志、印南潤二、浅野俊幸:浸水シミュレーション予測による浸水徒歩避難の検討

◇西川憲明、廣川雄一、浅野俊幸:群集動力学の連結階層シミュレーション

◇大滝啓介、大社綾乃、西 智樹:車群経路計画のための空間構造特徴を用いた発見的解法

◇畠山 卓、澤 亮治:複利型強化学習を用いたポートフォリオ選択手法についての研究

◇菊地剛正、國上真章、高橋大志、鳥山正博、寺野隆雄:経営意思決定表現モデルを用いたビジネスケースとエージェントモデルの意思決定過程の形式的記述

◇大社綾乃、大滝啓介、小出智士、西 智樹:相乗りのための将来需要を考慮した経路最適化

◇奥原 俊、濱田大槻、伊藤孝行、Ahmed Moustafa:過去交渉情報を元にK-近傍法を用いた自動交渉エージェントの試作

◇矢澤直人、秋山英三:ROSCA型相互扶助ゲームにおける協力進化を促すメカニズムの提案

◇田邉萌香、鄭 顕志、本位田真一:自己適応システムのための環境モデル実行時更新手法

◇萩原 誠、伊藤孝行、Ahmed Moustafa:Q学習と役職推定に基づく人狼知能エージェントの作成

◇松井俊浩、Marius C. Silaghi、平山勝敏、横尾 真、松尾啓志:最短経路探索問題のための動的計画法へのコスト平準化の指標の適用

◇奥原史佳、清 雄一、田原康之、大須賀昭彦:Linked Dataを用いた俯瞰的な多肢選択式問題自動生成手法の提案

◇吉田拓海、横山想一郎、山下倫央、川村秀憲:競輪における予想記事生成のためのレース結果予測

◇幡本昂平、横山想一郎、山下倫央、川村秀憲:代替従業員確保のためのメッセージングアプリを利用した効率的な依頼手法の開発

◇工藤義礎、高嶋和毅、モルテン フィールド、北村喜文:自動レイアウト変更可能なタイル型デジタルテーブルを用いたユーザのリーチ拡張に関する検討

◇繁田 亮、鈴木康大、川原圭博:共通の汎用マイコンを用いた静電容量及び反射時間計測による測定深度選択可能な水位計

◇古居なおみ、坂本大介、杉浦裕太:クッション型インタフェースによる家電操作に向けたジェスチャ設計と認識

◇古川義人、清原良三:自動運転車両の普及過渡期における非優先道路から優先道路への進入待機時間の削減手法

◇千住琴音、諏訪博彦、水本旭洋、荒川 豊、安本慶一:ワンウェイカーシェアリング実現に向けた潜在的利用者による車両偏在問題の解決

◇岩瀬大輝、伊藤雄一、秦 秀彦、尾上孝雄:SenseSurface: アクティブ音響センシングによる物体識別と位置推定

◇小向航平、水谷 伸、岸野泰恵、柳沢 豊、白井良成、須山敬之、大村 廉、澤田 宏、納谷 太:分類器の継続更新可能な分散認識センサネットワークのためのオートエンコーダによる通信方式

◇谷村朋樹、河野 慎、米澤拓郎、中澤 仁:GANonymizer: 物体検出と敵対的生成を用いた映像匿名化手法

◇河野 慎、米澤拓郎、興野悠太郎、中澤 仁:CityInspector: 自治体の日常業務を拡張する車載カメラ型エッジ道路損傷点検システム

◇栄元優作、西山勇毅、大越 匡、中澤 仁:HealthyStadium: 他者評価とゲーミフィケーションを用いた食習慣改善ソーシャルメディア
以上

論文誌ジャーナル/JIP担当へお問い合わせフォーム