ユニバーサルデザイン協創フォーラム

フォーラム設立:2006年6月
 
2015年の機器や家電は、ユニバーサルデザイン (UD:Universal Design) になっているでしょうか。すべての機器や家電に音声応答が付き、目が見えなくても自販機で好きな飲み物が買えるようになっているでしょうか。オーブンレンジにも点字ディスプレイが付き、盲ろう者もさまざまな調理メニューを使いこなせるようになっているでしょうか。おそらくそうはなっていないように思います。
障害のある人に、見えていない、聞こえていない情報を伝えることを情報保障といいますが、ユニバーサルデザイン協創フォーラムは、研究者、技術者、実務家、障害のある方々による現場主義の視点で、UDの協創と、情報技術をそれにいかに役立てるかを探究しています。
※開発者の事情によりプロジェクトを中断させていただいております。

フォーラム代表者

秡川 友宏
筑波大学 大学院システム情報工学研究科
学術情報メディアセンター
【略歴】筑波大学自然学類卒業。学部在学中に福祉機器に関心をもち、情報学部生に紛れてハードウェアやアルゴリズムを学ぶ。大学院より情報分野に転身。2000年同大大学院工学研究科修了。同年静岡大学情報学部に助手として着任し、情報家電の研究に着手。現在の興味は、手頃な情報保障のためのモデル作りとアクセシビリティー向上のための機器連携フレームワーク。情報処理学会学会ユニバーサルデザイン協創フォーラム代表者、映メ学会コンシューマエレクトロニクス研究会幹事。IEEE CE Japan Chapter若手論文賞 ('00、'00、'01、'01、'03)、IEEE Intl. Conf. on Consumer Elec. Outstanding Paper Award ('05 Poster)。

フォーラム活動の紹介

受賞
アクセシブルデザイン賞 受賞
 
「Barcode-Talker forらくらくホン」が第2回だれもが使えるウェブコンクール(主催:NPO法人ハーモニーアイ)で「アクセシブルデザイン賞」を受賞しました。

関連リンク:
第2回 だれもが使えるウェブコンクール 受賞サイトとアクセシブルデザイン賞

Barcode-Talker プロジェクト 公式サイト
※現在iOS版アプリのダウンロードが出来なくなっております。
ご迷惑おかけしております。
 
会議開催・出展 活動

[プレスリリース]「Barcode-Talker Next for iPhone/Android」リリース
2015年8月14日(金)

   
ソフトウエアジャパン2015 ITフォーラム展示
「見えなくても中身がわかる!!バーコードを用いた視覚障碍者向け商品案内」
2015年2月3日(火) タワーホール船堀
   
ソフトウエアジャパン2014 ITフォーラム展示
「見えなくても中身がわかる!! バーコードを用いた視覚障碍者向け商品案内」
2014年2月4日(火) タワーホール船堀
   
ソフトウエアジャパン2013 ITフォーラム展示
「見えなくても中身がわかる!! バーコードを用いた視覚障碍者向け商品案内」
2013年2月15日(金) 一橋大学 一橋講堂会議室
   
ソフトウエアジャパン2012 ITフォーラム展示
「見えなくても中身がわかる!! バーコードを用いた視覚障碍者向け商品案内」
2012年2月1日(水) タワーホール船堀
   
ソフトウェアジャパン2011 ITフォーラム展示
「見えなくても中身がわかる!! バーコードを用いた視覚障碍者向け商品案内」
2011年2月3日(木) タワーホール船堀
   
ソフトウェアジャパン2010 ITフォーラム展示 *学会創立50周年記念第72回全国大会併催
「目が見えなくても中身がわかる! バーコードによる商品案内実験」
2010年3月9日(火)~11日(木) 東京大学 本郷キャンパス 工学部新2号館 
   
ソフトウェアジャパン2009 ITフォーラムセッション
「次世代要約筆記ツールの創造 ~ツールの連携から開発の連携へ~」
2009年1月27日(火) 大手町サンケイプラザ
   
ソフトウェアジャパン2008 ITフォーラムセッション
「リアルタイム情報保障の現場」
2008年1月29日(火) 東京ステーションコンファレンス
   
ソフトウェアジャパン2007 ITフォーラムセッション
「ハートウェア・ジャパン!? -情報のユニバーサルデザインを考える」
2007年1月25日(木) タワーホール船堀
   
   

事業部門への問い合わせフォーム