ベストデモ発表賞(MIRU/CVIM研究会)

賞の概要 画像の認識・理解シンポジウムで優秀なデモ発表をした論文の著者に授与される。
選考委員会 同賞選定委員会(MIRU運営委員)
選考方法 選定委員会で選定する。
選考基準 画像の認識・理解シンポジウムで優秀なデモ発表を選び、その発表者を、毎年、1名選定する。
表彰等 画像の認識・理解シンポジウム会場で表彰。賞状/開催地特産品

2017年度2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2011年度2010年度2009年度2008年度2007年度2006年度2005年度

2017年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ発表賞 丹野 良介, 泉 裕貴, 柳井 啓司(電通大) ConvDeconvNetの効率的モバイル実装による 画像変換・物体検出・領域分割リアルタイムiOSアプリ群

2016年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ発表賞 西 諒一郎, 青砥 隆仁, 河合 紀彦, 佐藤 智和, 向川 康博, 横矢 直和 (奈良先端大) 正対する放物面鏡を用いた狭被写界深度撮影システム

2015年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ発表賞 内山英昭, 島田 敬士, 長原一, 谷口倫一郎 (九大) 匿名カメラ

2014年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ発表賞 河合紀彦, 佐藤 智和, 横矢直和(奈良先端大) 画像修復を用いた隠消現実感

2013年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ発表賞 村松大吾(阪大) 犯罪捜査支援のための歩容鑑定システム

2012年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ賞 木村大毅(東工大) ネット画像を用いた超高速オンライン転移学習による未知物体推定

2011年度

受賞者(所属) タイトル
デモセッション賞 園田聡葵(九大) LCoSを用いた能動絞りカメラ

2010年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ賞 天野敏之(奈良先端大) モデル予測制御を用いたプロジェクタカメラ系によるアピアランス制御

2009年度

受賞者(所属) タイトル
デモセッション賞 大田雄也(阪大) デブルーイン系列とBelief-Propagation を用いた高密度ラインパターン検出による高速動体の3次元計測手法

2008年度

受賞者(所属) タイトル
ベストデモ賞 天野敏之(奈良先端大) 実世界ダイナミックアピアランス強調システム

2007年度

受賞者(所属) タイトル
デモセッション賞 小坂谷達夫(東芝) 1枚の顔画像による特定人物検索システム ? 国際顔認識ベンダーテスト(FRVT2006)に提出した顔認識エンジン
野口和人(阪府大) 近似最近傍探索の多段階化によるリアルタイム物体認識システム

2006年度

受賞者(所属) タイトル
デモセッション賞 中居友弘(阪府大) Webカメラを用いたリアルタイム文書画像検索とその拡張現実への応用

2005年度

受賞者(所属) タイトル
デモセッション賞 河崎正樹 (金沢工大) LEDアレイ回転型3Dディスプレイにおける画像コンテンツ作成のためのソフトウェア