ベストポスター賞/ポスター賞(CH研究会)

賞の概要 じんもんこんシンポジウムで優秀なポスター発表をした者に授与する。
選考委員会 同賞選定委員会(じんもんこん運営委員)
選考方法 選定委員会で選定する。
選考基準 じんもんこんシンポジウムでポスター発表のうち優秀な発表をしたものを毎年数名選定する。
表彰等 シンポジウム会場、または次回の研究会で賞状を授与。

2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度2008年度

2016年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞 村井 源(東京工業大学) 主体語彙辞書を用いた物語テキスト中の主体推定システムに向けて

2015年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞/ポスター賞 間淵 洋子,小木曽 智信(国立国語研究所) 異なる文体の混在するテキストに対する複数辞書切り替えによる解析手法の提案
関野 樹(総合地球環境学研究所) 暦に関するLinked Dataとその活用 

2014年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞/ポスター賞 山田 太造(東京大),野村 朋弘(京都造形芸術大),井上 聡(東京大) トピックモデルを用いた天正期古記録『上井覚兼日記』における人物間関係の検出 

2013年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞/ポスター賞 Akihiro KAWASE, Taro ICHIMURA, Toshinobu OGISO(National Institute for Japanese Language and Linguistics) Problems in TEI P5 Encoding on Colloquial Japanese Documents of the Early Modern Period
Akihiro KAMEDA, Fumihiro KATO(Research Organization of Information and Systems), Utsugi JINBO(National Museum of Nature and Science), Ikki OHMUKAI, Hideaki TAKEDA(National Institute of Informatics)  Integrate Japanese Red List into LOD of Species
Takafumi SATO(Ritsumeikan University), Makoto GOTO(Hanazono University), Fuminori KIMURA(Ritsumeikan University), Akira MAEDA(Ritsumeikan University)  Developing a Web-based System for Annotating Historical Materials by Multiple Humanities Researchers - The Case of "Todaiji Yoroku" -

2012年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞/ポスター賞 原田真喜子,渡邉英徳(首都大学東京) 客観的/当事者的な視点からWeb 集合知を用いて言葉の実態を可視化するデザイン手法の提案
永井正勝,和氣愛仁(筑波大学) 古代エジプト神官文字写本を対象とした言語情報表示システムの試作

2008年度

受賞者(所属) タイトル
ベストポスター賞/ポスター賞 渡沼玲史,入江寿弘,丸茂美惠子(日本大学) 動作の質評価指標と段階的評価法の提案